【ウズベク戦 注目点】先発10人入れ替え、武藤&北川が機能するか?ムサエフもスタメン!

日本代表は2トップか? それとも1トップか?(C)SAKANOWA

塩谷司はボランチ起用。乾貴士の発奮にも期待が懸かる。

[アジアカップ GS3節] 日本- ウズベキスタン/2019年1月17日(日本時間22時30分)/アル・アイン

 アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のAFCアジアカップ2019のグループステージ3節、日本代表対ウズベキスタン代表戦がキックオフを迎えた。日本は2節のオマーン戦から先発10人を変更。これまで出場機会のなかった選手が出場し、フィールド選手すべてが出揃った。出場機会を得ていないのはGK東口順昭のみ。

 すでに決勝トーナメント進出を決めている日本は、2位突破であっても決勝トーナメント1回戦と準々決勝は移動せずに済むなどメリットもある。ただし2位通過の場合、対戦相手はオーストラリア。

 一方、1位通過であれば、対戦相手はカタールかサウジアラビア。しかし日程面でのハンディを負うことになる。

 すでに決勝トーナメント進出を決めているとあって、思い切ったメンバー変更が行われた。オマーン戦でもあまり効果を発揮できなかった前線が機能するかどうか。初めての組み合わせとなる武藤嘉紀&北川航也のコンビネーションが鍵を握る。また、今大会初出場となる乾貴士の発奮にも期待が懸かる。

 一方、ウズベキスタン代表はジュビロ磐田のムサエフが先発。中盤で熱い攻防が繰り広げられそうだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads