長友が元マネージャーのJ加入を祝福「水戸で暴れてくれ!」

日本代表の長友佑都。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

近藤慎吾が水戸とアマチュア契約を結ぶ。

 J2リーグの水戸ホーリーホックは3月6日、DF近藤慎吾(こんどう・しんご)の加入を発表した。アマチュア登録での所属となる。

 近藤は1987年2月23日生まれの32歳。神奈川出身。170センチ68キロ。これまでのキャリアは、西鶴間サッカー少年団―南林間中―エスコラピオス学園三重海星高―明治大―エリース東京。

 近藤は次のようにコメントしている。

「多くの方の支えで今回チームに加入する事ができました。支えてくださった方々への感謝を伝えたいです。今日から少しでもチームに貢献できる様に邁進します。よろしくお願いします」 

 近藤は長友の元マネージャーで、関東リーグの「エリース東京」に所属してきた。

 そんな近藤のプロジェクトをサポートしてきた長友はSNSのツイッター(アカウントは @YutoNagatomo5 )で次のように祝福している。

「10年間サラリーマンだった男がJリーガーになった。慎吾やりやがったな。。でもこれからが勝負!水戸で暴れてくれ!」

 その言葉通り、ここからが勝負! 水戸での活躍を期待したいところだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads