【日本代表】市場価格ランキング。久保建英が37億円で断トツ、南野拓実の「3倍」の価値

U-23日本代表での久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

全25選手の順位は? 初招集、20歳のAZ菅原由勢は11位。原口元気、柴崎岳、長友佑都らを上回る。

 昨年11月以来となる日本代表のメンバーが10月1日に発表された。移籍専門サイト『トランスファーマーケット』のデータをもとに、史上初めて欧州組のみで構成された日本代表25人の「推定市場価格ランキング」をまとめた。

 1位はレアル・マドリードからビジャレアルCFにレンタル移籍している久保建英の3000万ユーロ(約37億1000万円)で、一人突き抜けている。

 2位はボローニャFCの冨安健洋の1800万ユーロ(約22億2600円)3位がアイントラハト・フランクフルトの鎌田大地の1200万ユーロ(約14億8000万円)、さらにリバプールFCの南野拓実の1000万ユーロ(約12億3000万円)と続く。

「推定市場価格」は指標の一つで、リーグ戦、国際Aマッチ、クラブ・代表での国際大会での活躍ぶり、将来性などを総合的に数値化したもの。世界中の選手の現在の“価値”を比べることができる。

“ヨーロッパ”で一括りにしがちだが、主要リーグではない場合、Jリーグから移籍しても、むしろ評価を下げてしまっている場合もある。日本代表とはいえ、トップレベルのリーグ・チームでレギュラーとして活躍している選手が非常に限られているのは、少し気になるところだ。

 ランキングは以下の通り。

▽日本代表選手『推定市場価格』ランキング

※『トランスファーマーケット』参照/10月2日時点

1位 久保建英 
3000万ユーロ:約37億1000万円
(MF/19歳/ビジャレアル)

2位 冨安健洋 
1800万ユーロ:約22億2600円
(DF/21歳/ボローニャ)

3位 鎌田大地 
1200万ユーロ:約14億8000万円
(FW/24歳/フランクフルト) 

4位 南野拓実 
1000万ユーロ:約12億3000万円
(MF/25歳/リバプール)

5位 堂安 律 
630万ユーロ:約7億8000万円
(MF/22歳/ビーレフェルト)

6位 酒井宏樹 
550万ユーロ:約6億8000万円
(DF/30歳/マルセイユ)

7位 伊藤純也
450万ユーロ:約5億6000万円
(FW/27歳/ゲンク)

8位 吉田麻也
380万ユーロ:約4億7000万円
(DF/32歳/サンプドリア)

9位 大迫勇也
300万ユーロ:約3億7000万円
(FW/30歳/ブレーメン)

10位 遠藤 航
250万ユーロ:約3億円
(MF/27歳/シュツットガルト)

11位 菅原由勢
180万ユーロ:約2億2000万円
(DF/20歳/AZ)

12位タイ 原口元気
160万ユーロ:約1億9000万円
(MF/29歳/ハノーファー)

12位タイ 岡崎慎司
160万ユーロ:約1億9000万円
(FW/34歳/ウエスカ)

14位 三好康児
130万ユーロ:約1億6000万円
(MF/23歳/アントワープ)

15位 鈴木武蔵
110万ユーロ:約1億3500万円
(FW/26歳/ベールスホット)

16位タイ 柴崎 岳
100万ユーロ:約1億2000万円
(MF/28歳/レガネス)

16位タイ 室屋 成
100万ユーロ:約1億2000万円
(DF/26歳/ハノーファー)

18位タイ 長友佑都
80万ユーロ:約9800万円
(DF/34歳/マルセイユ)

18位タイ シュミット・ダニエル
80万ユーロ:約9800万円
(GK/28歳/シント=トロイデン)

18位タイ 植田直通
80万ユーロ:約9800万円
(DF/25歳/セルクル・ブルージュ)

18位タイ 板倉 滉
80万ユーロ:約9800万円
(DF/23歳/フローニンゲン)

22位タイ 安西幸輝
60万ユーロ:約7300万円
(DF/25歳/ポルティモネンセ)

22位タイ 中山雄太
60万ユーロ:約7300万円
(DF/23歳/ズウォレ)

24位 権田修一
40万ユーロ:約4900万円
(GK/31歳/ポルティモネンセ)

25位 川島永嗣
15万ユーロ:約1800万円
(GK/37歳/シュトラスブール)

注目記事:【日本代表】背番号「10」中島翔哉は落選。森保一監督が理由を語る

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads