元広島のシドニーFC監督が挙げた警戒する川崎の2選手。ナカムラと…

記者会見する元広島でプレーしたシドニーのスティーブ・コリカ監督。(C)SAKANOWA

ボールポゼッションに長けた攻撃的な2チームが激突!

[ACL 2節] 川崎 – シドニー/2019年3月13日19:00/等々力陸上競技場

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の川崎フロンターレ対シドニーFCに向けた公式記者会見が3月12日に同スタジアムで行われ、両チームの監督と代表選手が、それぞれ試合に向けた抱負などを語った。

 そのなかで00年、01年にサンフレッチェ広島でプレーした経験を持つシドニーのスティーブ・コリカ監督は、「明日は非常に難しい試合になるでしょう。これまでスカウティングしてきましたが、川崎は非常に良いチーム。明日の試合に努め、良い試合をしたい。日本に来られたことを嬉しく思っています」と語った。

 Aリーグ現在2位のシドニーもボールポゼッションに長けた攻撃的なチームである。川崎との共通項もいくつかあるが、指揮官は臨機応変に戦うことを強調していた。

「川崎は確かにボールコントロールに長けていますが、私たちもボールポゼッションには自信を持っています。負けずに場面を見極めながら自分たちのサッカーをしたいと思います」

 そして警戒する川崎の選手を聞かれると、二人の名前を挙げた。

「もちろんスカウティングはしてきました。先週の試合もチェックしています。特にチームに長く在籍しているナカムラ(中村憲剛)、今季加入したブラジル人選手のダミアンには注目しています。彼は直近の横浜F・マリノス戦でも2ゴールを決めていますね。とても厄介な存在になるのではないかと警戒しています。ただ二人のみならず、とても良い選手が揃っているので、そこを上手く見ながら、明日の試合に臨んでいきたいと思います」

 ACL初戦、川崎は中国の上海上港にアウェーで0-1で敗れ、シドニーも韓国の蔚山現代とホームで0-0で引き分けている。いずれも勝点3を狙い、激しい攻防が繰り広げられそうだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads