日本が2023年女子W杯招致に立候補へ!

今月のシービリーブスカップのイングランド戦に臨んだなでしこジャパンのイレブン。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

サッカー協会が意思表明書をFIFAに提出。決定は2020年3月。

 公益財団法人日本サッカー協会は3月15日、「FIFA女子ワールドカップ2023」の開催地として立候補するための意思表明書を同12日付けで国際サッカー連盟(FIFA)に提出したとは発表した。

 今回の意思表明書の提出は、FIFAが定める招致活動のプロセスにおける最初の手続き。今後、下記の日程で招致活動を進めていく予定だという。

【FIFA 女子ワールドカップ 2023 招致活動に関するスケジュール】
2019年
3月15日まで 「意思表明書」をFIFAに提出
3月18日  FIFAが招致登録ならびに概要書類を意思表明国に送付
4月16日まで  大会招致意思の再確認、招致登録書をFIFAに提出
4月18日  FIFAが招致及び開催に関する書類を招致登録国に送付
10月4日まで 招致及び開催に関する最終書類、開催合意書などをFIFAへ提出
2020年
3月 FIFAカウンシルにおいて開催国を指名(予定)

 1991年に中国で第1回「FIFA女子世界選手権」が開催され、2003年大会から「FIFA女子ワールドカップ」に名称を変更。今年6月7日から7月7日まで第8回となるフランス大会が開催される。

 2023年大会は第9回大会となる。日本女子代表(なでしこジャパン)は第1回大会から連続して出場し、2011年には優勝、2015年には準優勝を果たしている。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads