「感謝の気持ちを込めてプレー」FC東京の橋本拳人が日本代表に初招集

先日の名古屋戦、チャン・ヒョンス(左)に話しかけられる橋本拳人。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ボランチ守田英正の離脱を受けての追加招集に。

 日本サッカー協会(JFA)は3月19日、FC東京のMF橋本拳人をキリンチャレンジカップに臨む日本代表(SAMURAI BLUE)に追加招集すると発表した。また体調不良により川崎フロンターレの守田英正がチームを離脱することになった。

 橋本は1993年8月16日生まれの25歳。東京都板橋区出身で、FC東京のアカデミー出身。トップチーム昇格後、ロアッソ熊本への期限付き移籍を経て、2015年に復帰すると主力の座を掴んだ。身長181センチ、体重74キロ。今季は開幕から4試合フル出場中で1得点を記録し、首位のチームを支えている。 

 橋本は次のようにコメントしている。

「ずっと目標にしていた場所である日本代表に選んでいただき、 大変光栄です。 いつも支えてくださる方々や、 これまで指導してくださった方々、 そしてファン・サポーターのみなさまに感謝の気持ちを込めてプレーしたいと思います!」

 日本代表のボランチでは、川崎フロンターレの守田英正が練習初日に右大腿部に違和感を覚えて静養をとり、全体練習に姿を見せなかった。19日、日本代表を離脱することがJFAから発表された。

※日本代表のスケジュール
3/22(金) コロンビア代表戦 19:20キックオフ(予定)/日産スタジアム
3/26(火) ボリビア代表戦 19:30キックオフ(予定)/ノエビアスタジアム神戸

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads