【THE SCENE】主将香川、デビュー橋本、決勝弾中島、決意の鎌田、乾、小林…日本代表それぞれの表情

体を張った守備を見せた橋本拳人。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

試合には勝ったが…不完全燃焼に終わる。

[キリンチャレンジカップ] 日本 1-0 ボリビア/2019年3月26日/ノエビアスタジアム神戸  

 キリンチャレンジカップ3月シリーズ最終戦、日本代表が交代出場した中島翔哉のゴールで、ボリビア代表に1-0の勝利を収めた。

 しかし、この日を象徴していたかのように、宇佐美貴史、香川真司、乾貴士、小林祐希、安西幸輝とこの日の中心選手5人が交代したあと、75分、出場から13分の中島が決めた。

 そのなかで、出身の神戸への凱旋となった香川はキャプテンマークをつけて堂々と戦い、あとがないと決意を込めて乾や小林はピッチに立ち、デビュー戦の橋本拳人はフル出場を果たし、鎌田もアピールに努めた。

 それぞれがこの一戦に込めた想い――その表情を捉えた写真を届けよう。

キャプテンマークをつけて戦った香川真司。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA
ボリビア戦で先発した乾貴士。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA
小林は数多くのチャンスを作り出したが……。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA
鎌田はチャンスをモノにできず。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA
ボリビア戦、決勝点を決めた中島翔哉。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads