金崎&豊田を完封。日本代表の畠中はそれでも不満「もっと守備で頭を使わないと」

横浜FMの畠中慎之輔。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

横浜FMは鳥栖に主導権を握り続けたものの、スコアレスドローに終わる。

[J1 6節] 横浜FM 0-0 鳥栖/2019年3月29日/日産スタジアム

 J1リーグ6節の横浜F・マリノス対サガン鳥栖戦は両チームともに得点を奪えず、スコアレスドローに終わった。キリンチャレンジカップの3月シリーズで日本代表デビューを果たしたDF畠中槙之輔はセンターバックに入り、金崎夢生&豊田陽平の元日本代表2トップを完封。力強さ鋭さを備えた守備で起点の芽を的確に摘み取り、逆に横浜FMの攻撃の始点となって機能した。

「上手く守られてしまいました。(日本代表から合流間もないが)コンディションうんぬんではなく、やることはやらなけばいけません。自分の感覚的にはもっとできたかなと思います。攻撃の部分ではもっと周りを動かせたと思いますし、守備の部分ではもう少し頭を使えれば。もっと守る時間を短くできて、その分を攻撃に充てられたと思います」

 そのように畠中は試合を振り返った。シュート数は18本対5本。クロスバーを2本叩いた。やはりこうした試合で勝利を収められなかったことを悔やんだ。

「ボールを動かして相手を走らせようというチームプランがありました。ただ点を取れるところで、取り切れないとこういう厳しい結果に終わってしまうと改めて痛感しました」

「今日のような相手に対し、ワンタッチの回数を増やして、スライドが遅れたところを突いていこうという話をしていました。けれども一人ひとりがボールを持つ時間が長くなり、上手く守られてしまいました。そこは今後の課題だと思います」

 日本代表での経験をチームに還元する。23歳ではあるが今度は畠中がそのような立場になっていく。

「代表で感じたことを、これからはマリノスで体現して、もっと成長した姿を見せていかなければ。今日はその部分では、ちょっと消化不良、不完全燃焼のところはあります。(強力FW陣との)競り方はまだまだ。もっと成長したいです」

 これからは「日本代表」の畠中としても見られ、期待される。ただ、それを力にしていきたいと誓っていた。

「これから先も代表に入りたいという思いはあります。一度選ばれたことで、見られ続けるのは宿命。(代表スタッフであり、サポーターであり)見てもらえることは嬉しいことなので、良いプレーをこれからも続けていきたいです」

 将来が楽しみな守備のスペシャリストはちょっと小さな声で淡々と語る言葉の一つひとつに、決意を込めていた。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads