鹿島の安西幸輝は久保建英の“守備重視”に驚き。「後半バテたところで…」

FC東京の久保建英(右)と競り合う鹿島の安西幸輝(左)。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

狙いはスコアレスのまま後半を迎え、室屋の背後を突くというプランだったが……。

[J1 7節] FC東京 3-1 鹿島/2019年4月14日/味の素スタジアム

 鹿島アントラーズのDF安西幸輝はFC東京戦、左サイドバックとしてフル出場を果たした。しかしリーグ無敗の相手に1-3と力負けを喫してしまい、試合後は「この試合に懸ける想いはみんな強かっただけに非常に残念です」と肩を落とした。

「上手く突かれてディエゴ・オリヴェイラの個人技にやられました。1失点目が今日のゲームの全てだったと思います」

 そのように安西が悔やんだ場面。両サイドを上手く使われ、鹿島の右サイドからのクロスを永井謙佑のヘッドで攻略された。

「やるべきこと、細かいことをもっと詰めないとやられてしまうことを改めて認識しました……。(後半は巻き返したが?)上手く左サイドを使って、『たら』、『れば』、であるけれど、点が入っていれば、もっといいゲームになっていたかもしれない。サイドから上げ続け、FWに何本もチャンスを与えないといけない。また、(町田)浩樹と上手く連係して、サイドを割れた場面は良かったと思います」

 そのように反省点を挙げながらも、ポジティブな面に目を向けようとしていた。

 キリンチャレンジカップの3月シリーズで日本代表に初招集された安西がこの日、対峙したのは17歳の久保建英だった。  

「今日に関しては、(久保は)守備をしっかりしてきたし、上手く対応できたかなと思います。本当は0-0で試合を進めて後半に持っていき、(室屋)成くんがオーバーラップしてきた裏を突こうという狙いを持っていました。それだけに、立ち上がりに失点を喫して攻めなければいけない状況になり、難しくしてしまいました」

 久保自身も「安西さんにこれまでカットインから何度もやられているというスカウティングもしていて、少し中央よりで守備をする形にしました」と語っていた。ホームチームが5分に先制できたこともあり、その後は久保にも「守備→攻撃」という意識を持たれた。

 安西は久保が守備的なスタンスで臨んできたことを意外に感じたという。

「(久保が)もうちょっと前に残るかなと思ったんですけど、前半はすごく守備をしてきました。そこから後半はバテるかなと予想していたら、案の定、だんだんついてこれなくなってきたところで、大森選手に交代しました。そこから最後の最後、(今度は大森に)対応するのがすごく難しくなりました」

 そのように終わってみれば……FC東京の狙い通りに進められてしまった展開となった。やはり安西が言うように、早い時間帯に失点を重ねたことで、後半の1点を返した時間帯以外、相手にペースを掴まれたままだった。悔やまれる、そして痛恨の1敗となった。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads