【現地PHOTO 浦和×湘南】世紀の誤審と逆転劇「主審ゴール見逃す」「湘南大逆転」

スタジアムは騒然というよりも呆気にとられた。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

前代未聞、山本主審がゴールに気付かず。そして湘南がラストプレーで逆転――。

[J1 12節] 浦和 2-3 湘南/2019年5月17日/埼玉スタジアム2〇〇2

 浦和レッズが2-0で迎えた31分、湘南ベルマーレMF杉岡大暉の完璧なシュートだった。ゴール正面から振り抜かれた一撃はポストを叩いたあと、逆サイドのゴールネットを揺らす。しかし、ゴールがそのままGK西川周作の手元に飛んでくる……。なんと山本雄大主審はゴールに気付かず、プレーを続行させたのだ。

 写真で見ても分かるとおり、浦和のサポーターは落胆し、湘南のサポーターは歓喜した。

 長澤和輝がカウンターでボールを持ち上がり、ナバウトにパスをつないだが、GK秋元陽太がギリギリのところでセーブ。あのゴール――浦和の3点目が決まっていたら、果たしてどうなっていただろうか……。

 GK秋元とナバウトが接触し、ナバウトが倒れ込んだところで笛を鳴らしてプレーを中断する。そこでのレフェリーボールでの再開を山本主審は指示する。

 杉岡がシュートを打つ際、湘南の誰かに何かファウルがあったのか? そうであれば、浦和ゴール前でプレーが再開されるはずだが???

 そこでやっと、2万3000人を超す観客は「審判団がゴールを見逃した」と把握する。

 そして湘南の選手は抗議というよりも、主審や副審に確認をする。そして、審判団がゴールに気付かなかった、というあり得ないことが起きていたことが分かり猛抗議する。

 しかし、主審も副審も(第4の審判を含め)ゴールを認めることはない。

 試合は約7分間中断したのち、再開されたが……。記者席に届けられた両監督のハーフタイムコメント。湘南の曺貴裁監督の欄は「空白」になっていた。

 しかし再び集中力を取り戻した湘南が、後半から投入された菊地俊介が2ゴールを奪い、2-2の同点に。

 迎えた90+4分、山根視来のシュートが突き刺さり、なんとラストプレーで湘南が大逆転勝利を収めてみせたのだ。

 結果的に……「世紀の誤審」が波乱を生む展開に。するとジェットコースターのような一戦は、湘南の「世紀の逆転劇」で幕を下ろした。

ナバウトが2点目を奪取。しかしまたも負傷で途中交代に。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI
まさかの大誤審。杉岡がゴールを決めた、はずだったが……。写真:上岸卓志/(C)Takashi UEGISHI
曺監督は、副審がゴールについて、気付いていない、見ていない、ことに憤りを露にした。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI
曺貴裁監督のコメントは空欄。(C)SAKANOWA

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads