渾身2ゴール!金崎夢生が『模範解答』の中で示した本音「早めに決めてみんなを…」

鹿島アントラーズの金崎夢生 写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA 

「1試合だけでチャラにしない」。鹿島のエースに今季初の複数得点。

[J1 8節] 鹿島 2-0 名古屋/2018年4月14日/県立カシマサッカースタジアム

 鹿島アントラーズの金崎夢生が8節の名古屋グランパス戦、今季初の複数ゴールとなる2点を決めて、チームに4試合ぶりの勝利をもたらした。

 名古屋対策を練って臨み、「相手のラインが高くて裏のスペースがあり、裏へ抜けるシーンが多くできた」と、2トップを組んだ鈴木優磨とともに敵陣の背後を積極的に突いていった。

 そして10分、左サイドを抜け出した鈴木のクロスに金崎がDFと競り合い倒れ込みながら合わせて先制点を決める。さらに88分、小林裕紀がもたつく間に金崎がボールをカット。そのボールを拾った途中出場の山口一真からのパスを再び金崎が沈めた。

「自分が点を決めたことより、チームが勝ったことが今日は一番大きい。(1点目は?)(鈴木)優磨のクロスが良かったので合わせるだけでした。それに1点目も、2点目も、周りの選手に生かされて、自分の良さを出せたので感謝したいです」

「(2連敗中とあって)選手間でいろいろ話をして臨み、今日の試合はみんなの気持ちの入ったプレーができたシーンも多く出せたと思います」

 背番号10はそのようにチームメイトに感謝して続けた。

「もうちょっと早い時間帯に取れれればディフェンス陣をはじめチームメイトを楽にできたし、チャンスもあったので早めの追加点を決められるように頑張りたい」

 15連戦の真っただ中で、ACLの決勝トーナメントに進んだ鹿島は、一瞬たりとも気の抜けない戦いが続く。それだけに少しでも早くゴールを決めて、みんなをプレッシャーから解放したかったという金崎の想いが伝わってくる。少し『模範解答』とも言える内容が続いた中(それももちろん金崎の本心であるが)、自己評価はやはり厳しかった。

 鹿島の背番号10は、こんなことも語っていた。

「試合が続くので、今日の勝ちが1試合だけでチャラになってしまわないように、しっかりこの結果を大事にしたい」

 連敗を止めたこの白星があくまでスタートであり、鹿島はここから勝ち続けていく——。快進撃への布石となるエースの2ゴールにしたい。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Posted by 塚越始

Ads

Ads