【鹿島】続々とサポーターから厳しい声。柳沢コーチの密会自宅謹慎処分で

鹿島サポーター 写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「これでは勝てない」「一人のせいで全員が」「引き締めて」

  鹿島アントラーズは6月5日、規律違反をしたトップチームの柳沢敦コーチを自宅謹慎処分にすると発表した。期間は未定。

 処分の理由は、2018年4月6日、J1リーグ6節の湘南ベルマーレ戦(スコアは●1-2で、鹿島が敗れる)の前日、遠征先のホテル内で、チームには無断で第三者と会っていたため。週刊誌の報道を受けて発覚し、本人に事情聴取を行ったところ、規律違反を認めたため。

 SNSでは鹿島のサポーターからも、「処分が甘いのでは」「コーチがこんなんじゃ勝てる訳ない」「一人の行動のせいでチーム全員がそういう目で見られることを今一度自覚してほしい」「鹿島全体がたるんでいる」「今一度引き締めて」といった厳しい声が相次いでいる。

 6月6日にはホームで天皇杯2回戦Honda FCとの一戦を控え、その後は鹿島の昌子源と植田直道が出場するFIFAワールドカップ・ロシア大会が開幕する。そういったなか、水を差すスキャンダルになってしまった。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads