【W杯ポーランド戦】「スカウティング通り」乾貴士、再び日本”総力”のゴールを!

W杯ロシア大会、セネガル戦で乾が決めたゴールシーン。写真:新井賢一/(C)Kenichi ARAI

得意のカットインに再び持ち込みたい。

[ロシアW杯 グループH] 日本 – ポーランド/2018年6月28日日本時間23:00/ボルゴグラード

 FIFAワールドカップ・ロシア大会グループリーグ最終第3戦、日本は28日午後11時からポーランドと対戦する。引き分け以上で決勝トーナメント進出が決定。敗れてもセネガル対ポーランドの結果によっては、ベスト16に進める。

 セネガル戦に続いてゴールが期待されるのが乾貴士だ。

「得意の形」から決めた自身にとっての大会初ゴール。直前、長友佑都とスイッチするようにボールを受け、DFを交わしている。乾はその場面について、「相手のマークの受け渡しが上手くないと事前に聞いていた。自分が中央に入り込み、佑都くんのオーバーラップを活かそうと思った」と明かす。二人のコンビネーションから揺さぶりをかけ、最後はセネガルDF陣を混乱に陥らせた、まさに狙い通りの一撃だった。

 スカウティング通り——。あのゴールは、そういったスタッフの情報戦の”勝利”でもあった。

 これまで連敗中とはいえ、FIFAランキング8位のポーランドだ。再びスカウティングを含めた日本の総力を結集したゴールが待望される。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads