【日本代表】長谷部誠「まだまだ。勝負の甘さが出た」ベルギーに痛恨の逆転負け…

ロシアW杯のベルギー戦でプレーする日本代表の長谷部誠。写真:新井賢一/(C)Kenichi ARAI

W杯に3大会連続キャプテンとして臨む。「2-0とするところまでは上手くいったが」。 

[ロシアW杯 ラウンド16] 日本 2-3 ベルギー/2018年7月2日(日本時間3日午前3時)/ロストフ・ナ・ドヌ

  FIFAワールドカップ・ロシア大会ラウンド16(決勝トーナメント1回戦)、日本代表が2点先行しながらベルギー代表に逆転負けを喫し、史上初のベスト8入りはできなかった。

 長谷部誠は4-2-3-1のボランチとしてフル出場を果たした。このW杯、全4試合のピッチに立った日本のキャプテンは試合後、次のように語った。

「ちょっと整理する時間が必要です。2点先行しながらの逆転負けはもちろん力不足であり……ちょっと言葉を選ぶのが難しいです。(2-0としたあとの試合運びは?)もちろん、ベルギーが前掛かりになってくるとは分かっていたが、耐えて逆にカウンターのチャンスが出てくると思った。不用意なボールの奪われ方、ミスが重なり、まだまだ……勝負の甘さの部分が出てしまった」

 そのように長谷部は語り、2点先取したあとの試合運びに「甘さ」が出たと悔しさを募らせた。

「今日は試合前から受け身にならずどんどん仕掛けていこうと話し、2-0のところまでうまくいった。そこからの試合運びがまだまだ自分たちの甘さです」

 2010年南アフリカW杯から、3大会連続でキャプテンを務めてきた。長谷部は自身にとっても初となるベスト8進出を叶えられず、唇を噛み締めた。

文:サカノワ編集グループ

 

Ads

Ads