北海道地震で日本代表が被災者に。槙野が「避難命令が出た」と報告

ロシアW杯のポーランド戦で先発フル出場した槙野(20番)。写真:新井賢一/(C)Kenichi ARAI

チリ代表の全選手・スタッフの無事は確認。北海道全域で停電に。

 9月7日に札幌ドームでのキリンチャレンジカップ・チリ代表戦に備えていた日本代表だが、6日午前3時間過ぎに起きた地震により避難命令が出た模様だ。

 日本代表のDF槙野智章(@tonji5)が地震発生直後、「めっちゃ揺れた。 マジか…」と報告。さらに約1時間後、「避難命令でたぞ… 今からホテルのロビーに貴重品だけ持って降りてこいって…」と更新している。

 北海道全域295万戸で停電しているため、情報の伝達なども困難をきたしている。槙野のSNSによる発信も同日午前9時現在、そこで一旦途絶えている。

 なお、チリ代表は、全選手・スタッフの無事が確認されている。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads