【選手採点│横浜×湘南、G大阪×C大阪、仙台×磐田】心技体充実の倉田! ヘッド弾の田口! 助っ人FW二人! 最高点「5」をつける

【G大阪 1-0 C大阪】推進力を与えたデビューの高江も高評価。

[J1 9節] G大阪 1-0 C大阪/2018年4月21日/パナソニックスタジアム
得点者:G大阪=ファン・ウィジョ(41分)

□ガンバ大阪 
GAMBA OSAKA
【選手採点】
先発
GK
1 東口順昭 ―(16分▼)
DF
22 オ・ジェソク 3
35 三浦弦太 4
3 ファビオ 3
4 藤春廣輝 4
MF
8 マテウス 3
7 遠藤保仁  4(81分▼)
10 倉田 秋 5 [MOM]
25 藤本淳吾 3(63分▼)
29 高江麗央 4
FW
11 ファン・ウィジョ 4
交代出場
GK
23 林瑞輝 3(16分△)
14 米倉恒貴 3(63分△)
FW
38 中村敬斗 ―(81分△)

【採点理由】ダービーに懸ける想いが伝わってくる、心技体が充実したプレーを見せた倉田をMOMに選出。再三にわたり決定機を作り出し、守備面でも貢献。最高点の「5」をつけた。そのフォローを受けたJデビューの高江も思い切ったプレスで推進力を与えた。東口のアクシデントを力に変えて、チーム全員で勝点3を掴み取った。

□セレッソ大阪
CEREZO OSAKA
【選手採点】
GK
21 キム・ジンヒョン 3
DF
2 松田 陸 3
14 丸橋祐介 3(77分▼)
22 マテイ・ヨニッチ 2
23 山下達也 3
MF
6 山口 蛍 2
7 水沼宏太 2(77分▼)
24 山村和也  3(82分▼)
8 柿谷曜一朗 2
13 高木俊幸 3
FW
9 杉本健勇 2

交代出場
DF
16 片山瑛一 ―(77分△)
MF
10 清武弘嗣 ―(77分△)
FW
18 ヤン・ドンヒョン ―(82分△)

【採点理由】主導権を握る時間帯もあったが、終わってみれば、決定機はほとんどなし。特に勝負をかけたはずの後半、ペナルティエリア内でボールを受ける数さえ限られた。誰かが悪かったわけでもなく及第点も多いが、ゴール前の崩しの場面で人任せになっている感は否めなかった。

【採点基準】サカノワの選手採点は、より分かりやすく通信簿のような5段階評価を採用。評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。試合結果を重視して、評価にも反映しようと思います。先発メンバーと途中出場の20分以上の出場選手が対象。いつか(もしかするとすぐ!?)、「オール5」達成だ!

文:サカノワ編集グループ

【次ページ】仙台 0-3 磐田│冴えた中村俊輔のFK!MOMは田口!!

Ads

Ads