氣志團がパナスタ来襲!10月4日のG大阪対札幌戦でハーフタイムショー

「ガンバファンだけでなく、気志團ファンもエールを送って!」

 ガンバ大阪はこのほど、10月4日のJ1リーグ28節(19:00キックオフ)の「フライデーナイトJリーグ Powerd by DAZN」の北海道コンサドーレ札幌戦、ハーフタイムライブに氣志團の出演が決定したと発表した。ハーフタイムライブの模様はDAZNでも配信される予定。チケットは各種プレイガイド、Jリーグチケットなどで発売中だ。

 G大阪の広報部は「今年は気志團さんにハーフタイムを盛り上げていただくことになりました。当日はガンバファンだけでなく、気志團ファンの方にもスタジアムにお越しいただいて、 選手に熱いエールを送っていただけると嬉しいです!」と呼び掛けている。

 気志團は1997 年、千葉県・木更津のスーパースターヤンキー綾小路“セロニアス”翔を中心に結成された6人組ヤンクロックバンド。その大胆かつ破廉恥な風貌とパフォーマンスで話題沸騰。2001年、東芝EMI(現:ユニバーサルミュージックジャパン)よりメジャー・デビュー。2004年、東京ドーム公演で4万5000人を動員する。2012年より、地元千葉県・房総の地で「氣志團万博」を開催し、ありえないメンツを集める続ける前代未聞のフェスとして、毎年5万人を動員している。

 G大阪は今週末の9月8日、ルヴァンカップのベスト4進出を懸けて、FC東京との準々決勝第2戦に臨む。ホームでの第1戦は1-0で先勝。FC東京のホームゲームとなる第2戦は、ラグビー・ワールドカップ開催に伴い、埼玉県のNACK5スタジアムで行われる。18時キックオフ。

【関連記事】
宇佐美、パト、井手口…新戦力をどう生かす?矢島慎也が感じるG大阪の課題

流れを変えた遠藤保仁が語るG大阪の課題「能力の高い選手を生かし切れていない」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads