【選手採点│鹿島×神戸、札幌×横浜FM、磐田×長崎】爆走の進藤、切り札ファンマに「5」!鹿島は復調の兆し

【札幌 2-1 横浜FM】菅、ク・ソンユンにも最高点「5」。

[J1 10節] 札幌 2-1 横浜FM/2018年4月25日/札幌ドーム
得点者=札幌:都倉(49分)、進藤(66分)、横浜FM=金井(44分)

□北海道コンサドーレ札幌
HOKKAIDO CONSADOLE SAPPORO
【選手採点】
GK
25 ク・ソンユン 5
DF
35 進藤亮佑 5 [MOM]
20 キム・ミンテ 4
5 福森晃斗 4
MF
14 駒井善成 3
38 菅 大輝  5(87分▼)
41 三好康児  4(71分▼)
10 宮澤裕樹 3
8 深井一希  3 (79分 ▼)
18 チャナティップ 3
FW
9 都倉賢 4

交代出場
MF
27 荒野拓馬 ―(71分△)
MF
6 兵藤慎剛 ―(79分△)
32 石川直樹 ―(87分▼)

【採点理由】走れば数的優位は生まれる。そう信じて爆走してダイビングヘッド決勝弾を叩き込んだ進藤をMOMに選定。仲川への強烈なタックルから仕掛けてアシストした菅も、小さなミスを帳消しにするそのナイスファイトに「5」をつけた。GKク・ソンユンも好調を維持している。

 □横浜F・マリノス
YOKOHAMA F・MARINOS
【選手採点】
GK
21 飯倉大樹 3
DF
27 松原 健 3
22 中澤佑二 3
13 金井貢史 2
24 山中亮輔 2
MF
6 扇原貴宏 2(80分▼)
14 天野 純 3
9大津祐樹 2(74分▼)
FW
19 仲川輝人 2(74分▼)
7 ウーゴ・ヴィエイラ 2
25 ユン・イルロク 3

交代出場
MF
8 中町公祐 ―(74分 △)
FW
11 遠藤渓太 ―(74分△)
FW
16 伊藤 翔 ― (80分△)

【採点理由】今回もまた難しい採点に……。前半は狙い通りに組み立てて攻め続けたが、ゴールできず。後半は札幌が仕掛けたときに対応しきれなかった。技術、走力、パワーの全てが要求される戦術だが、パワーが不足してゴール前であと一歩押し切れずにいる印象。

【採点基準】サカノワの選手採点は、より分かりやすく通信簿のような5段階評価を採用。評価基準は、5=とても良い、4=良い、3=及第点、2=本来の力を発揮できず、1=大きく期待外れ……。試合結果を重視して、評価にも反映しようと思います。先発メンバーと途中出場の20分以上の出場選手が対象。いつか(もしかするとすぐ!?)、「オール5」達成だ!

文:サカノワ編集グループ

【次ページ】磐田1-2長崎│長崎守備陣オール4。名波監督が小川航&川又の2トップに厳しい一言。

Ads

Ads