×
×

日本代表で受けた衝撃。山中亮輔、浦和移籍につながった「あの練習」

浦和では6番をつける山中亮輔。手前は岩武克弥、14番は杉本健勇 奥は池髙暢希。(C)SAKANOWA

「アジアカップに選ばれていたら、移籍していなかった」

 DF山中亮輔が横浜F・マリノスから浦和レッズに完全移籍で加わった。1月16日の加入発表記者会見では、移籍の経緯にも触れながら、新天地に懸ける想いを語った。

 山中は移籍を発表した1月10日の横浜FMが出したプレスリリースで、「自分の中にある甘えと正面から向き合うことで、プレーヤーとしてさらに成長できるのではないかと考えました」とコメントしていた。そしてこの発表会でもまた、「甘え」が少しでもあっては成長できなくなってしまうのだと強調した。

「マリノスに残っていれば、ある程度、プレーの機会は約束されていたと思います。そういった環境では甘えが出て、プレーが良くなくなると思っています。厳しい環境で、日々少しでも気を抜いたら(ボールを)取られるとか、最初から試合に出られると決まっていない環境に身を置いたほうが、選手としてレベルアップできると感じました」

 つまり、出場機会を得られず危機感を抱いて柏から横浜FMに移籍した時と似た――状況は大きく異なるが――、這い上がってみせるという意気込みだ。

「レッズでしっかり活躍できれば、Jリーグで突き抜けた存在になれる。そういったレベルのプレーヤーになれると思っているので、このチームで活躍することしか考えていません」

 それが浦和への移籍に心が動いた要因だった。そして11月のキリンチャレンジカップのキルギス代表戦のメンバーに選ばれたこと、今回アジアカップのメンバーに選出されなかったことも、移籍には関係していたと明かす。

「11月のキリンチャレンジカップで代表デビューできましたけれど(開始2分に先制ゴールを決める)、インパクトを残す仕事ができたと思っています。そこで少しケガを負ってしまいましたが、アジアカップのメンバーに選ばれなかったことによって、レッズに行けたとも思っています。アジアカップに行っていたら、この移籍はありませんでした。そういった運命的なものも感じています。あの舞台にまた戻れるように、このチームでしっかりやりたいと思います」

 代表の試合に出られたこと、得点できたことは大きな経験でありしっかり「結果」にも残る。一方、普段の練習でも衝撃を受けたという。

 山中は振り返る。

「代表の練習はレベルが高すぎて、正直、ビックリするぐらいでした。レッズの選手もそのレベルにいると思います。そういった環境の中で日々練習できることが、僕には大事だと思いますし、そういったところも大きな要因です」

 そして年明けから限られた時間で決断を下したという。

「マリノスの始動が早かった(1月10日)ので、それまでには決断しました。僕を育ててくれたクラブなのでマリノスには感謝しています。しっかり誠意ある対応を取りたいと思ったので、早めに決めないといけないなと思っていました」

 1月16日、浦和の赤いユニフォームを着て、「浦和の山中」が動き出した。Jリーグにとって、そして日本にとって、貴重なレフティのサイドバック。左サイドのスペシャリスト。山中自身であり、チームが「日本一」、さらに「アジアナンバーワン」へと突き抜けるシーズンにしたい。

「ACLを戦えることも(移籍を)決めた大きな要因でした。すごく個人的に楽しみにしている大会。国際舞台を経験できる機会をいただけて嬉しいし、今は早くシーズン開幕が待ち遠しいです」

 山中は期待に胸を膨らませていた。浦和の新たな翼になれるか。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads