【サウジ戦先発予想】大迫スーパーサブ、ボランチが流動的か?

伊東、室屋、北川らの抜擢もあるか?(C)SAKANOWA

明日、アジアカップ決勝トーナメント1回戦。FIFAランキングは日本50位、サウジアラビア69位。

[アジアカップ ラウンド16] 日本- サウジアラビア/2019年1月21日(日本時間20時)/シャルジャ・スタジアム

 アラブ首長国連邦(UAE)で開催中のAFCアジアカップ2019は、いよいよ決勝トーナメント(ラウンド16)に突入する。日本代表は1月21日、現地時間15時(日本時間20時)からサウジアラビアと対戦する。

 決勝まであと4試合。森保一監督は「総力戦」と強調している。

 グループステージ2節のオマーン戦(〇1-0)のメンバーがベースになるが、アグレッシブなプレーで勝利を収めた3節のウズベキスタン戦(〇2-1)で活躍した選手も加わってくるか。また、ケガ人も出てきているだけに、指揮官の「一戦必勝」でありつつも決勝までを見据えたチームマネジメント力も試されてくる。

 ウズベキスタン戦で日本の中盤を支えた青山敏弘が19日の練習は右ヒザに違和感があり別メニュー調整に。また臀部を痛めた大迫勇也も全体練習にはまだ参加できていない。

 大迫が再び患部を悪化させることだけは避けたいところ。となると、最前線は徐々にコンディションを上げ、ウズベキスタン戦でゴールを決めた武藤の先発が有力か。大迫は「スーパーサブ」として、状況に応じて投入されることが考えられる。「武藤&北川航也」のセットでの2戦連続起用も想定される。

 ボランチの人選もポイントに。1節のトルクメニスタン戦(〇3-2)は「柴崎岳&冨安健洋」2節オマーン戦(〇1-0)は「柴崎&遠藤航」のセットが組まれた。ただ、いずれも試合の組み立てられずにいた。

 所属先ではレギュラーではない柴崎と遠藤だが、UAEに来てから試合勘を取り戻しており、次戦はより高いパフォーマンスも期待できる。一方、所属先のアル・アインで行われたウズベキスタン戦で殊勲のゴールを決めた塩谷は、今、チームで最も乗っている存在でもある。ボランチの経験があまりないとはいえ、普段のリーグ戦で中東勢の選手の対応に慣れていることも考えると、2試合連続での先発起用も有効と言える。

 なかなか調子が上がらない堂安律、南野拓実、酒井宏樹の起用法も焦点に。コンディションなどを見ながら、そのウズベキスタン戦で好パフォーマンスを見せた、室屋成、伊東純也、さらにシュミット・ダニエルらから抜擢されれば、チーム内の競争は一段と活発化されそうだ。

 FIFAランキングは日本が50位、サウジアラビアが69位。アジア内のランキングは日本が3位、サウジアラビアが5位。

 サウジアラビアはアルゼンチン生まれでスペイン国籍を持つフアン・アントニオ・ピッツィ監督が率いていて、2018年のロシア・ワールドカップではエジプトに勝利を収めたがグループステージ1勝2敗で敗退している。ポゼッションスタイルを志向し、今大会のグループステージは2勝1敗(レバノン、北朝鮮に勝利、カタールに敗れる)。近年はユースなど育成にも重点を置き、昨年のU-19アジア選手権では準決勝で日本を破り、決勝でも韓国に勝利を収めて優勝している。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads