サウジ戦ハーフタイムデータ比較│ボール支配率30%対70%、持たせてる、持たれている?

後半開始時の日本の選手交代はなし。(C)SAKANOWA

日本代表、シュート数は2本対5本、枠内シュートは1本対0本。パス数は123本対303本。

[アジアカップ ラウンド16] 日本 – サウジアラビア/2019年1月21日/シャルジャ・スタジアム

 UAEアジアカップの決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)、日本が1-0とサウジアラビアにリードして折り返した。

 日本はボール支配率で30.3パーセント対69.7パーセントと大幅に上回られたものの、シュート数は2本対5本、枠内シュートは1本対0本、その1本が冨安健洋のヘディング弾で先制に成功している。

 日本が先取できたことで、しっかり守ってカウンターを狙う態勢を整えていると言える。とはいえ、最前線の武藤嘉紀にボールが収まらずにいるのはやや気になる点である。加えて武藤がイエローカードを受けたことによる影響がどのように出るか。

 それに自陣でのプレー時間が長くなると、セットプレーでのピンチを招きかねないので、やはり日本としては虎視眈々と2点目、トドメの3点目を狙っていきたい。

 前半を終えたハーフタイムデータは次の通り。

□日本対サウジアラビア戦
ハーフタイムデータ
※AFCまとめ
       日本  サウジアラビア
得点数               1点  0点 
シュート    2本  5本
枠内シュート  1本  0本
ブロックシュート 1本  2本
枠外シュート   0本   2本

ボール支配率 30.2% 69.8%
ドリブル成功率 50.0% 50.0%
空中戦勝率     40.0%  60.0%
インターセプト 2本   4本
オフサイド   0回   3回
コーナーキック 2本   0本

パス数     123本  303本
ロングパス    40本  37本
パス成功率   89.2%  63.9%
敵陣パス成功率 65.0%  82.5%
クロス本数    11本   10本
クロス成功率  18.2%  10.0%

タックル数   15回    3回
タックル成功率 53.3%   66.7%
ファウル数   15回    6回
イエローカード 1枚    0枚
レッドカード  0枚    0枚

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads