長谷部フル出場、ドルトムントと価値あるドロー。「たくさんのダイナミックなシーンを作り出せた」と指揮官

フランクフルトの長谷部誠。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

フランクフルトは5位、ウインターブレイク明け1勝2分。

[ブンデス 20節] フランクフルト 1 – 1 ドルトムント/2019年2月2日/コメルツバンク・アレーナ

 ブンデスリーガ1部アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠は、3-4-1-2の3バックの中央で先発し、ウインターブレイク明け3試合連続のフル出場を果たした。チームは首位ドルトムントと激闘を繰り広げ、1-1のドローに持ち込んでみせた。

 香川真司がトルコのベジクタシュに期限付き移籍したドルトムントは、現在のベストと言える陣容でフランクフルトに乗り込んだ。ホームチームは22分にマルコ・ロイスに先制点を奪われたものの、36分、21歳のセルビア代表アタッカーのルカ・ヨヴィッチのゴールで同点に追い付く。

 後半はそれぞれチャンスを作り、シュート数12本対13本と撃ち合いに。両チームの守備陣も粘り強く対応し、1-1のまま引き分けた。

 フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は、試合後、次のように語った。

「ブンデスリーガの最高の2チームが、とてもたくさんのダイナミックなシーンを作り出してくれました。ドルトムントは鋭い刃を剥いてきましたが、私たちも鍵をかけて戦い切ることができた。

 ドイツのあらゆる強いチームに対し、私たちは戦える力と可能性を持っていることを示せました。

 もちろん、さらにいいプレーをしたかったです。両チームともに勝ちたかったですから、この1-1の結果を受け止めなければいけません。とてもいいゲームでした」

 フランクフルトはウインターブレイク明け1勝2分の無敗で、9勝5分6敗の勝点32、5位のまま。一方、ドルトムントは15勝4分1敗の勝点49で首位をキープ。バイエルン・ミュンヘンがレバークーゼンに敗れて3位に順位を落とし、勝点42でバイエルンと並ぶボルシア・メンヒェングラートバッハが2位に浮上している。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads