【ACL 鹿島】エンジンかからず敗戦。 慶南の邦本宜裕が決勝点

公式戦初先発の鹿島DF関川郁万(33番)も奮闘したが…。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

FW3枚のカードを切るも…急造布陣は最後までかみ合わず。

[ACL GS4節] 鹿島 0-1 慶南/2019年4月24日/カシマサッカースタジアム

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ4節、鹿島アントラーズが0-1で慶南FC戦に敗れた。このあと試合が行われる山東魯能が勝った場合、鹿島はグループ首位から一転して3位に転落する。

 犬飼智也と町田浩樹が出場停止、さらに多くの負傷者が出ている影響で、鹿島は急造と言える布陣で臨んだ。

 前半は相手にほとんどチャンスを与えず。しかし鹿島も好機を作れず、一進一退の攻防が続いた。

 迎えた63分、右サイドからのクロスをクオン・スンテがマーカーにつられて目測を誤ると、ファーサイドに飛び込んだ元アビスパ福岡の邦本宜裕に決められてしまう。

 鹿島は安部裕葵、山口一真、伊藤翔とFW3枚のカードを切る。しかし最後までエンジンが暖まらず、チャンスらしいチャンスを作れないまま(ピンチも少なかったが)、ホームで痛い1敗を喫した。

 鹿島のメンバーは次の通り。

▽▽鹿島アントラーズ
KASHIMA ANTLERS

▽▽先発
GK
1 クォン・スンテ
DF
22 安西幸輝
33 関川郁万
20 三竿健斗
23 小田逸稀
MF
6 永木亮太
25 遠藤 康
(72分 → 19 山口一真)
30 名古新太郎 
(79分 → 15 伊藤 翔)
41 白崎 凌兵
(63分→ 10 安部裕葵)
FW
14 金森 健志
18 セルジーニョ

▽▽控え
GK
21 曽ヶ端準
DF
17 平戸太貴
MF
4 レオ・シルバ
8 土居聖真

Ads

Ads