【FC東京×松本】久保建英が魅せた!先制アシスト&PK奪取

松本戦で先制点をアシストしたFC東京の久保建英。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ポスト直撃弾やトリッキーなドリブル突破も。

[J1 9節] FC東京 2-0 松本/2019年4月28日/味の素スタジアム

 FC東京のMF久保建英が魅せた――。4-4-2の右MFで先発し、立ち上がりは松本のタイトな守備に苦しんでいたが、徐々にスペースができてくると、その隙を見逃さなかった。

 スコアレスで迎えた松本山雅戦の44分、松本がカウンターを発動させると球際で競り合いになり、こぼれ球を拾った久保が相手をひとりかわして持ち込む。すると、飛び出した永井謙佑にスルーパス。これが通ると永井が巧みにコントロールして左足で流し込み、ホームチームに先制点をもたらした。

 さらに77分、再びゴール前で混戦になり、ボールを拾った久保が中央へ切れ込む。すると橋内優也が足をかけて倒してしまい、PKを奪取。このPKをディエゴ・オリヴェイラが決めて、2-0とリードを広げた。

 17歳のMFはさらにポスト直撃の技ありシュートやトリッキーなドリブル突破からのチャンスメイクなど、その一挙手一投足でスタンドにどよめきを起こした。

 一方、松本は高い集中力を保っていたが、その1点で難しい展開に追い込まれた。61分に杉本太郎&永井龍を投入する”2枚代え”で反撃を試みた。しかしレアンドロ・ペレイラと永井龍が惜しいヘディングシュートを放ったものの、決定機を作ることはできなかった。

 結局、試合はそのまま2-0でホームチームが勝利を収めた。7勝2分で開幕から無敗をキープ。一方、松本は3勝2分4敗と黒星先行に。

 Jリーグデビューを果たしたFC東京のDF渡辺剛は試合後「(FC東京のアカデミー出身で)小さい頃の夢が叶い、加えて勝てたことは本当に嬉しいです。これで満足せず、さらに頑張り優勝を目指していきます」と語った。

 両チームのメンバーは次の通り。

▽▽FC東京
F.C.TOKYO
▽先発
GK 
33 林 彰洋 
DF 
6 太田宏介 
32 渡辺 剛 
3  森重真人 
25 小川諒也 
MF 
8 髙萩洋次郎 
(83分 → 17 ナ・サンホ)
15 久保建英
18 橋本拳人 
10 東 慶悟 
FW 
9 ディエゴ・オリヴェイラ 
(90+3分 → 39 大森晃太郎) 
11 永井 謙佑
(68分 → 16 ジャエル )

▽控え
GK 
1 児玉 剛 
DF 
20 チャン・ヒョンス 
22 中村拓海 
MF 
29 岡崎 慎 

▽▽松本山雅FC
MATSUMOTO YAMAGA FC
GK
16 村山智彦
DF
5 今井智基
4 飯田真輝
31 橋内優也
MF
3 田中隼磨
14 パウリーニョ
35 宮阪政樹
(76分 → 8 セルジーニョ)
42 高橋 諒
13 中美慶哉
(61分 → 20 杉本太郎 )
FW
7 前田大然
(61分 →11 永井 龍 )
10 レアンドロ・ペレイラ

▽控え
GK
23 田中謙吾
DF
15 エドゥアルド
MF
32 安東 輝
6 藤田息吹

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads