×

久保建英がお洒落ヒールから好機演出。今季二度目の国内リーグ先発は58分で交代に。ビジャレアル対ベティス、1-1ドロー決着

久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

暫定4位だが、4試合連続の引き分け。

[スペイン1部] ベティス 1-1 ビジャレアル /2020年12月13日(日本時間14日0:15)/エスタディオ・ベニート・ビジャマリン

 スペイン1部リーグ(プレメーラ)、ビジャレアルの久保建英がレアル・ベティス戦で、8節・カディスCF戦(△0-0)以来6試合ぶり今季二度目の国内リーグでの先発出場を果たした。4-4-2の右MFで起用された19歳のレフティはヒールでのお洒落なパスを放ちチャンスも作り出した。しかし見せ場は限られ、58分、サムエル・チュクウェゼと交代した。

 チームは立ち上がり5分にコーナーキックからパウ・トーレスのゴールで幸先よく先制する。しかし、攻撃がなかなか噛み合わず、スペイン代表のジェラール・モレーノと久保が中央で重なる形に。ただ、その二人でイメージを共有しての崩しはなかなか見られない。

 アクシデントでの選手交代も相次ぐ。そうしたなか、51分、セットプレーから久保が見るべきだったアルトール・ルイバルにフリーで鮮やかなドライブショットを決められてしまう。

 それでも55分、久保が右サイドに張り出して、マーカーをヒールパスでかわす。それを受けたマリオ・ガスパールがクロスを放ちチャンスになったが……ゴールネットを揺らすことはできない。

 そのあと58分、久保は交代を告げられた。ビジャレアルはこの時点で全ての交代カードを切ることになる。

 左MFの主力だったモイ・ゴメス、スペイン代表にも選ばれるFWパコ・アルカセル、さらにセンターフォワードのカルロス・バッカが負傷により離脱するなか、久保に先発のチャンスが到来。しかし、この機会を生かしたとは言えない結果になってしまった。

 ただフェルナンド・ニーニョも負傷交代するアクシデントも発生。それだけに久保にはここで、攻撃を活性化させる役割と結果が求められる。

 ビジャレアルはスペイン1部リーグでは4試合連続の引き分けで、5勝7分1敗(16得点・12失点)の勝点22で暫定4位、ベティスは5勝1分7敗(15得点・24失点)の勝点16で暫定7位。

 ビジャレアルのメンバーは次の通り。

▽ビジャレアルCF
▼先発
GK
1 セルヒオ・アセンホ
DF
2   マリオ・ガスパール
3 ラウール・アルビオル
4 パウ・トーレス
15 ペルビス・エストゥピニャン
(41分 24 アルフォンソ・ペドラサ)
MF
5 ダニエル・パレホ
(40分 19フランシス・コクラン)
(58分 21ハウメ・コスタ)
10 ビセンテ・イボーラ
14 マヌエル・トリゲロス
16 久保建英
(58分 サムエル・チュクウェゼ)
34 フェルナンド・ニーニョ
(HT 30 ジェレミ・ピノ)
FW
7 ジェラール・モレノ

注目記事:ヘタフェが久保建英の「1月獲得」へ下準備。万が一、レアル・マドリードとビジャレアルが…

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads