東京五輪エース候補、松本FW前田大然は「強かったです」とFC東京戦の完敗を認める。敗因は…

FC東京の髙萩洋次郎と競り合う松本の前田大然(左)。シュートを1本も打てず……。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

いい形でボールが入らず、シュートを1本も打てず。

[J1 9節] FC東京 2-0 松本/2019年4月28日/味の素スタジアム

 松本山雅FCのFW前田大然は開幕から無敗をキープする首位FC東京戦、ボールを受けたり、裏へ駆け出す機会も限られ、シュートを1本も打てず、チームは0-2で敗れた。3連敗のあと2勝1分と盛り返したものの、4試合ぶりの黒星に。

「強かったです」

 前田はそのように一言、FC東京の印象を語り、完敗を認めた。

「前半の失点がなければ……。相手にずっと(ボールを)持たれていましたけれど、予定通りにできていました」と、全員が厳しいプレスを怠らず、無失点で耐えながら、セットプレーなどから数少ないチャンスを狙って行った。そのプランは遂行されていたが……前半終了間際の失点で崩れた。

 前田は裏のスペースを突いても、なかなかパスが出てこなかった。「大然対策」で先発抜擢された渡辺剛のタイトなマークも剥がし切れなかった。

「前にボールがほとんど入ってきませんでした。ボールに触っていないぐらいでした……。それでは厳しいかな、と。(ボールを)呼んでいるけれど、来ない。ただ、そこはやり続けるしかない。練習でもっとコミュニケーションをとって、出してくれれば、行けるという感覚はあるので、もっと強く言っていきたいです」

 そのように前田は一瞬の呼吸を合わせていきたいと語っていた。確かにレアンドロ・ペレイラをはじめ、前を向いて前田にパスを出せそうだ――というタイミングは何度かあった。しかし、相手の圧力の強さがあったとはいえ、バックパスや横パスが最初に選択されていた。前田への勇気を持ったパスをいかに増やしていくかは、今後のチームのテーマだ。

「(ボールを)持たれるのは、どことやってもそうなると分かっています。前半のあの失点をしないことが大事でした。あれがなければ、良かったかなと思いましたが……(1点で流れが変わる)それがJ1ですから」

 もっと強くなるための1敗――。東京五輪日本代表のエース候補でもあるJ1初挑戦の21歳。前田はこの完敗を真正面から受け止めて、前を向いた。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads