久保建英がボレー初得点!「気付いたら入っていた」。FC東京無敗首位キープ

磐田戦でスルーパスを放つFC東京の久保建英。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「神セーブ」を連発したカミンスキーの牙城を破る。

[J1 11節] FC東京 1-0 磐田/2019年5月12日/味の素スタジアム

 FC東京の久保建英がジュビロ磐田戦、84分に左ボレーを叩き込み、今季初ゴールを記録した。これが決勝点となり、FC東京は8勝3分と無敗のまま首位をキープした。

 立ち上がりから磐田がボールをキープし、FC東京が受けてカウンターを狙う構図に。前半、ホームチームは久保建英のスルーパスからディエゴ・オリヴェイラが振り向いてチャンスを作り出したものの、得点は奪えず。一方の磐田もアダイウトンの強烈なボレーなど決定機を作り出したが、FC東京の身を挺したブロックなど堅守に阻まれた。

 後半に入ると、両チームともに疲れが見え始め、徐々にスペースが生まれる。迎えた84分、コーナーキックからのこぼれ球を久保が左足ボレーでコントロール。ファーのサイドネットを揺らす完璧なショットを叩き込んでみせた。直前のプレーで「神セーブ」を立て続けに見せたカミンスキーの牙城を見事に打ち破ってみせた。

 久保は試合後のヒーローインタビューで、「終盤まで0-0で来て、『今日もこのまま終わってしまうのかな』と少し思っていたなか、誰かが何かしないといけないと思い、それを自分ができました。(得点シーンは)コーナーキックからのこぼれ球が来て、合わせることだけを考えて、気付いたら入っていました」と喜んだ。

文:サカノワ編集グループ

 

Ads

Ads