【浦和】オリヴェイラからの最後の言葉「みんなでもっと良い景色を見たかった」

浦和のオズワルド・オリヴェイラ前監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

武藤は「辞めるのは監督だが、僕ら選手の責任」。

[J1 14節] 川崎 – 浦和/2019年6月1日19:00/等々力陸上競技場

 オズワルド・オリヴェイラ監督を電撃解任した浦和レッズが5月29日、大槻毅新監督のもと初めての練習を行った。練習は川崎フロンターレ戦までの3日間、すべて非公開で実施。そんななか、同日の練習後にメディアの取材に応じた武藤雄樹は、次のように語った。

「ここ数年、何度も監督が交代していますが、監督が悪いわけではなく、むしろ選手が力を発揮できていないところに問題があると思います。辞めてしまうのは監督ですが、僕ら選手が責任を感じるべきだと思います。すぐ試合は来ますし、サポーターの皆さんの期待に応えられるように、また次の試合に向けて頑張りたいと思います」

 練習前のミーティングで、大槻監督からは「落ち着いてやろう、こうしたことを起爆剤にもう一度奮起しよう」という話があったという。

 武藤は「一度監督をやっていて信頼もあり、すぐまとまれると思うので、すぐ試合が来ます。チーム全員でいい準備をして、川崎という難しい相手に勝利を収められるように頑張っていきたいです」と、気持ちを引き締めていた。

 5月28日の練習試合のあと、オリヴェイラ監督の解任が決定。全員が集まってミーティングが行われ、そこで選手たちにあいさつがあったという。

「みんなでもっと良い景色を見たかっただけに残念ではあります。みんなとのシーンは、心に、ずっと残っています」

 そのようなメッセージが送られたという。

 武藤にとっても大切な監督になった。

「一緒に戦えて天皇杯を獲ることができて、熱い方で引っ張り上げられるシーンもたくさんありました。僕のなかでも印象に残る監督で、信頼して起用してくれていたので、これからも良いニュースを届けられるようにしていきたいです」

 熱いハートを胸に。浦和の「ナンバー9」はそのように、前を向いた。

北京国安戦。41分に武藤がゴール。スタジアムのボルテージがさらに上がった。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads