【FC東京×大分】古巣対決に人一倍燃えた東慶悟。足を攣り今季初の途中交代に「情けないですね」と苦笑い

勝利のユルネバを歌う東慶悟。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

開幕からのフル出場はストップ。しかし「東京の10番」がまた一つ突き抜ける1勝を掴む。

[J1 14節] FC東京 3-1 大分/2019年6月1日/味の素スタジアム

 FC東京のMF東慶悟が古巣の大分トリニータとの初対決で、4-4-2の左MFとしてチームのバランスを保ちながら存在感を示し、快勝に導いた。

「連敗だけはしてはいけなかったので勝てて良かった。相手が後ろからしっかり組み立ててくるので、1失点したものの簡単にパスを回させないようにと、そこを90分間通して集中してできました」

 そのように大分の対策を練ったうえでの勝点3獲得に頷いた。一時は1点差に迫られて猛攻を食らったが、そんな大分の底力を感じ取れたことも、大きな刺激になった。

 気温28.8度という暑さのなか、大分の選手たちに負けずハードワークを続けたことも影響。大分の猛攻を受けていた試合終盤の87分、足が攣って途中交代を余儀なくされた。

「情けないですね」

 東は苦笑いを浮かべた。

「90分間やるつもりでしたけれど持たなくて……チームに申し訳なく思いました。ただ、90分持たせるためにやっているのではなく、最初から全力でやっています。それはもちろん今日だけではないです。でも、今度は攣らないようにしっかり準備したいと思います」

 やはり待ち焦がれた大分とのJ1での対戦とあって、知らないうちに、力も入っていたのだろう。東は”後輩たち”の挑戦を嬉しくも感じていた。

「何より(上位対決ということで)チームとして絶対に負けたくない気持ちもありました。それに、これまで面識はなかったけれどユースの後輩たちが相手チームにいて。ユースを含めて5年間お世話になった古巣のチームなので、成長した姿を見せたかった。勝利という形で示せて良かったです」

 東は嬉しそうに笑った。

 2009年のルーキーイヤーにJ1デビューを果たしたもののJ2に降格し、2010年を最後に20歳で大分を旅立った。そして大宮アルディージャで2年、FC東京で7年目――。

 28歳で迎えた今季はFC東京のキャプテンとして、チームに不可欠な存在となっている。

 この日、先制点を奪ったあと、ディエゴ・オリヴェイラを呼び寄せて、ゲキを飛ばすシーンがあった。

「ちょっとミスがあったので。もちろんディエゴにも考えがあると思ったので、(呼んで)そこで話をしました。しっかりコミュニケーションを取って、勝つためにどんどんいろいろ言い合っていければと思います」

    首位FC東京と2位川崎フロンターレの勝点差は「7」に広がった。古巣の大分との一戦。開幕から続いたフル出場は13試合でストップした。それでも東にとっては、また一つ何か確実に突き抜ける、価値ある1勝になった。

連続フル出場はストップしたが、東にとっては大きな1勝に。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Posted by 塚越始

Ads

Ads