【ACL 浦和】雨にも負けず大逆転8強。槙野智章「サッカーの面白さが詰まっていた」

大逆転勝利に歓喜する(左から)岩波、槙野、マウリシオ。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

勝因はこの1週間の徹底した分析による「準備」。

[ACL 決勝T①-2nd] 蔚山現代 0-3 浦和/2019年6月26日20:00/蔚山文殊サッカースタジアム ※2戦合計 4-2で浦和がベスト8進出

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦・第2戦(セカンドレグ)の蔚山現代対浦和レッズ戦、浦和が3-0で勝利を収めた。1週間前のホームでの第1戦を1-2で落としていた浦和だが、2試合トータルスコア4-2と大逆転でベスト8進出を決めた。

 DF槙野智章は3-4-2-1の左ストッパーとして先発し、途中から4バックのセンターバックも務めて、周りとバランスを保ちながら、相手の決定機をゼロに抑える完璧な守備を見せた。

 試合後、槙野は「準備」が勝因だったと強調した。

「ホームでの試合でできたことと、今日の試合に向けてやらなければいけないことを、一つずつ事細かに時間を割いて準備し、この試合で結果に出ました。しっかり分析したうえで臨めた。それがすべてだったと思います」

 相手が守備を固めてカウンターを狙う展開のなか、「バランスがすべてでした。攻め急ぎすぎず、時間もたっぷりあるなかで、どこでリスクをかけて攻撃するのかを考えていました。ただ、DF陣としては、自分たちがボールを持っている時こそピンチだと思って、しっかりアンテナを張ってプレーしようと心掛けていました」と、主導権を握っている時ほど神経を使ったそうだ。

「サッカーの面白さがここに詰まっていると思います」

 槙野はそのように力を込めて言った。

 試合開始から降り続ける豪雨。しかもアウェーの慣れないピッチだ。蔚山現代のほうが優位ではないか……という状況下、むしろ、浦和は完璧といえる試合運びで逆転してみせた。

「2017年にチャンピオンになったとはいえ、チャレンジャー精神を持って、この大会に臨んでいます。もう一度頂点に立つため、一つずつ限界を乗り越えやらなければいけないと思います」

 観衆は3140人。ゴール裏の人数は、むしろ浦和のほうが多かった。その熱い声援が、大きな力になったという。槙野は「ホームのような素晴らしい雰囲気を作り、厳しい時間、苦しい時間、『We are REDS』のコールが、僕たちを後押しして、一歩、二歩、前へ出させてくれました。この結果は、すべてサポーターが引き出してくれたものだと思っています。また、次の試合もサポートをお願いします」と感謝していた。

 東地区の勝ち上がりは浦和、上海上港、広州恒大、そして鹿島アントラーズの4チーム(他に西地区4チーム)。ここで抽選が入り、改めて対戦相手が決まる。

 Kリーグ最少失点を誇っていた蔚山現代から3ゴールを奪っての逆転劇。加えて無失点に抑えてみせた。槙野はこの一丸となって掴んだ勝利に自信を深めていた。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads