「アリガトウゴザイマス」2得点のイニエスタが日本語で感謝と照れ笑い「いい流れが来ている」

神戸のアンドレス・イニエスタ。(C)SAKANOWA

神戸が名古屋に5-3大勝、リーグ5試合連続負けなし!

[J1 17節] 神戸 5-3 名古屋/2019年6月30日/ノエビアスタジアム

 ヴィッセル神戸が名古屋グランパスに5-3の大勝を収めた。アンドレス・イニエスタとダビド・ビジャのワールドカップ(W杯)優勝スペイン代表コンビがそれぞれ2ゴールを奪い、小川慶治朗がトドメの一撃を叩き込む活躍を見せた。

 第四子の誕生のため一時帰国したため前節の試合を欠場したイニエスタだが、今回、ゴールを決めたあとはチームメイトによる揺りかごパフォーマンスで祝福を受けた。試合後、ホームスタジアムのヒーローインタビューに登場したイニエスタは「アリガトウゴザイマス」と日本語で切り出して、次のように試合を振り返った。

「本当に難しい試合で、相手も素晴らしいチームでしたが、チームとして大きな努力をして、勝利を掴むことができました。チーム一丸となって、ホームのファンの前でいい試合をしたいと思っていました。本当に素晴らしい勝利です」

 ゴール後に、神戸のチームメイトともに揺りかごパフォーマンスを披露。インタビュアーから第四子の誕生について祝福を受けると、「アリガトウゴザイマス。ははは」と照れ笑いを浮かべた。

 チームはこれでリーグ5試合負けなし。フアン・マヌエル・リージョ、吉田孝行と二人の監督の退任を乗り越え、ドイツ人のトルステン・フィンク監督の就任後は2勝1分。ここから勢いをつけていきそうだ。

「チームとしてはいい流れが来ています。もちろん勝つのは難しいことですが、この調子でどんどんチームとして成長し、順位を上げていきたいです」

 イニエスタは力強く語った。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads