【浦和×仙台】興梠がミスターレッズ越え「92点目」。エヴェルトンが左肩脱臼か…途中交代に

浦和でのJ1歴代1位となる通算92点目。興梠慎三が仙台戦でゴール!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

仙台のシマオ・マテが興梠との見応えのあるマッチアップを展開。

[J1 18節] 浦和 – 仙台/2019年7月6日/埼玉スタジアム2〇〇2

 浦和レッズ対ベガルタ仙台の一戦は、立ち上がりから球際での激しい攻防が続くなか、42分、武藤雄樹のスルーパスから興梠慎三が技ありのループシュートを決めて、ホームチームが先制に成功した。

 試合開始から球際での激しい攻防が続いた。そのなかで、16分、浦和が自陣から敵陣に向かうビルドアップの際、エヴェルトンが長沢駿からショルダーチャージのファウルを受ける。エヴェルトンはしばらく左肩を押さえて、その後歩いてピッチの外に出たものの、そのままファブリシオとの交代を余儀なくされた。

 一方、仙台は今季アル・アハリから獲得したモザンピーク代表のシマオ・マテが、浦和のエース興梠慎三に対し厳しいマークで対応。見応えのあるマッチアップを展開している。

 一進一退の攻防が続くなか、迎えた42分、仙台のチャンスを岩波拓也が体を張ったディフェンスで食い止めると、その流れから、再び岩波を経由して武藤がスルーパスを放つ。

 するとオフサイドラインぎりぎりで抜け出した興梠が、ベルギー1部リーグへの移籍が決定している日本代表GKシュミット・ダニエルの頭上を越える技ありのループシュートで決め、先制点をもたらした。

 興梠はJ1歴代6位となる通算141ゴール目を記録、浦和でのJ1通算ゴールを92得点と伸ばし、クラブ歴代1位だった福田正博氏を超えた。

 試合は1-0と浦和のリードで後半に突入している。

興梠がシュミットの壁を越えた!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads