【浦和×仙台】興梠慎三がクラブ最多92点目「福田さんを抜けて嬉しい」クローザー阿部勇樹でホーム連勝

興梠がシュミットの壁を越えた!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

仙台はリーグ4連勝でストップ。

[J1 18節] 浦和 1-0 仙台/2019年7月6日/埼玉スタジアム2〇〇2

 浦和レッズ対ベガルタ仙台の一戦は、興梠慎三のJ1クラブ歴代最多となる通算92ゴール目で、浦和が1-0の勝利を収めた。浦和はホーム2連勝。一方、仙台はリーグ4連勝でストップ。

 試合開始から球際での激しい攻防が続くなか、16分、長沢駿との競り合いで肩を傷めたエヴェルトンが、ファブリシオとの交代を余儀なくされる。

 その後も一進一退の攻防が続き、迎えた42分、仙台のチャンスを岩波拓也が体を張ったディフェンスでストップ。その流れから、再び岩波を経由して武藤がスルーパスを放つ。

 するとシマオ・マテとの駆け引きに一瞬競り勝ち、オフサイドラインぎりぎりで抜け出した興梠が、ベルギー1部リーグへの移籍が決定している日本代表GKシュミット・ダニエルの頭上を越える技ありのループシュートでゴールネットを揺らし、先制点をもたらした。

 興梠は今季16試合6得点。J1歴代6位となる通算141ゴール目を記録、浦和でのJ1通算ゴールを92得点と伸ばし、クラブ歴代1位だった福田正博氏を超えた。最後の3枚目のカードで阿部勇樹が投入されて、1-0で逃げ切った。

 一方、仙台は51分に椎橋慧也が2枚目のイエローカードを受けて退場処分に……。交代カードを切って反撃を試みたものの、数的不利の状況を跳ね返すことができなかった。

 興梠は試合後のヒーローインタビューで「福田さんを抜くことができて、非常に嬉しく思います。武藤がいい形で反転して、いい形でつないでくれて、あとは決めるだけでした。この1点で、チームが勝てて嬉しく思います。少し足ももつれましたが、最後決めるのが自分の仕事。きっちり決められて嬉しく思います。こうして活躍できるのもサポーターのお陰です。本当に有難うございます!」と語った。

浦和でのJ1歴代1位となる通算92点目。興梠慎三が仙台戦でゴール!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads