困ったイニエスタ。古巣バルサ戦のユニフォーム交換に予約殺到!

神戸のアンドレス・イニエスタ。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「もう3人からリクエストされているんだ」

[楽天カップ]  神戸 – バルセロナ/2019年7月27日18:00/ノエビアスタジアム神戸

 ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタがこのほどスペインのスポーツ紙『アス』でレアル・マドリードの久保建英(前FC東京)について「素晴らしいタレント」と太鼓判を押し、さらに新シーズンに向けたレアルと古巣のFCバルセロナの展望について私見を述べた。加えて――楽天カップでのユニフォーム交換で、ある”問題”が生じていることを明かした。

 久保に関する話題のあと、バルサの永遠のライバルであるレアルの今季の陣容について聞かれると、イニエスタは「レアル・マドリードは潜在的な能力のあるプレーヤーが揃っている。チーム内で競い合いながら、彼らがすべてのコンペティションで戦っていく助けになっていくはず。彼らは常に強い」と語った。

 一方、古巣のバルセロナは昨シーズンよりも強くなったと思うか? という問いには、次のように語った。

「バルサは毎シーズン、より良くしていく必要があるでしょう。ただ、勝ち抜くために大切なのは、より細かい小さなディテールにこだわることだと思います。勝つことができたはずだったけど、一つの残念な試合によって、チャンピオンズリーグ決勝を終えてしまうことになりましたから」

 そして楽天カップの神戸対バルセロナ戦へ――。イニエスタはとても楽しみにしていた。

「幸いにも優勝トロフィを懸けた公式戦とは趣が異なるから、そこまで危険にさらされることはないだろうけれど、きっと、これまでに経験したことのないゲームになることだけは間違いないよ」

 そのように親善試合とはいえ、過去にない特別なステージに立つことを楽しみにしていた。

 そして最後に「ユニフォームを交換する相手は決めた?」という質問に、イニエスタは困った状況であることを明かしている。

「今言えるのは、すでに3人からリクエストを受けているっていうことさ。誰と……それはちょっと言えないよ」

 この記事が掲載されたのは、試合の2日前だった。リクエストはさらに増えているかもしれない。果たしてイニエスタはどのように対応するのか。試合後、神戸の「8」番のユニフォームを巡る”争奪戦”にも注目だ! 

【関連記事】イニエスタが久保建英、安部裕葵について語る「バルサは後悔していると思う?」

[文:サカノワ編集グループ]

Title:Andrés INIESTA talks about FC Barcelona and Real Madrid,…exchange shirts. 

Ads

Ads