【横浜FM】神戸へ移籍するGK飯倉大樹が涙と笑顔の別れの挨拶。「川崎、東京、鹿島、全部叩き潰します。マリノス、優勝しましょう」

飯倉大樹が全員と記念撮影に収まる。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

「決断」したからこそ気付けたこと――。

[EJ杯] 横浜FM 1–3 マンチェスター・C/2019年7月27日/日産スタジアム

「GALAXY ENTERTAINMENT EUROJAPAN CUP2019」(EJ杯) 横浜F・マリノス対マンチェスター・シティFCの試合後、ヴィッセル神戸への完全移籍が発表された横浜FMのGK飯倉大樹が、マリノスサポーターのいるゴール裏の前で惜別のあいさつをした。

 下部組織から横浜FMひと筋で育ってきた飯倉は、これまでの日々を自らの言葉で噛みしめ振り返り、次のように語った。

マリノスに、良くも悪くも、自分の人生が詰まっています。神戸に移籍することは自分ひとりでは決断できませんでしたが、僕の背中を押してくれて、決断することができました。本当は引退するまでこのユニフォームを着てみんなと闘いたかった。それが本音です。1週間前に戻れるならば、マリノスでやる決断をしていたかもしれない」

 しかし、この移籍を決断したからこそ気付けたことがあったと言う。

「当たり前のようにマリノスがあり、当たり前のように皆さんがいて、移籍を決断したからこそ、本当にサポーターの温かさを感じています。こうして温かさに気付けことだけで、移籍を決断して良かったと思っています。マリノスが大好きで、みんなが大好きで、何よりこのチームメイトが大好きです」

 そして飯倉は神戸をJ1残留に導くとともに、「すでにマリノスとの対戦は終わっていますが……。フロンターレ、東京(FC東京)、鹿島との対戦を残しています。全部叩き潰します。頑張って、マリノス、優勝しましょう」と誓った。

「でも、今年だけです」

 飯倉はそのようにメッセージを残して、横浜F・マリノスのサポーターに涙と笑顔で別れを告げた。

泣いて笑った飯倉大樹。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

試合前、サポーターにあいさつをする飯倉大樹。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

【関連記事】GK飯倉大樹が語った「ボンバー」中澤佑二の去った横浜の風景

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads