ルヴァン杯決勝T決定!鹿島×浦和、FC東京×G大阪、名古屋×川崎、広島×札幌

ルヴァンカッププライムステージ(決勝トーナメント)の組み合わせが決定!(C)J.LEAGUE

決勝は10月26日、埼玉スタジアム。

「2019Jリーグ YBC ルヴァンカップ」のオープンドローが7月28日に行われ、 プライムステージ(決勝トーナメント)の組み合わせが決定した。

 9月4日から始まるプライムステージは、グループステージとプレーオフステージを勝ち抜いた北海道コンサドーレ札幌、FC東京、名古屋グランパス、ガンバ大阪に加え、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場組の鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、サンフレッチェ広島の計8チームが臨み、ホーム&アウェーで対戦しトーナメント方式で競う。

 カードは、広島―札幌、FC東京―G大阪、鹿島―浦和、名古屋―川崎に決定。第1戦(右側のチームがホーム)は9月4日、第2戦(左側のチームがホーム)は8日。準決勝は10月9日、13日。

 そして決勝は10月26日、埼玉スタジアムだ(組み合わせ表参照)。

 キックオフ時刻、テレビ放送は決まり次第、発表される。

 なお、大会方式は次の通り。

◇試合方式および勝敗の決定◇
◆準々決勝、準決勝(ホーム&アウェー)
90分間(前後半45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。
各回戦の勝者は2試合の勝利数が多いチームとする。
勝利数が同じ場合は、次の順によって決定する。
①2試合の得失点差
②2試合におけるアウェーゴール数
③第2戦終了時に30分間(前後半15 分)の延長戦
※延長戦ではアウェーゴールルールは適用されない
④PK 方式(ABAB 方式)
(各チーム5人ずつ。勝敗が決定しない場合は、6人目以降は1人ずつで勝敗が決定するまで)

◆決勝(1試合)
90分間(前後半45 分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は30分間(前後半15 分)の延長戦を行う。
それでも勝敗が決しない場合はPK方式(ABAB 方式)によって決定する(準決勝と同様)

【関連記事】浦和×鹿島のスイッチを入れた判断、内田篤人がプレーを止めなかった理由とは?

Title:J.LEAGUE YBC Levain CUP QUARTER-FINALS.Tournament is decided! 

Ads

Ads