パルチザン加入決定!浅野拓磨が一問一答「情熱的なファンのため、ゴールと勝利を一つでも多く」

パルチザンへ入りが決定した浅野拓磨。(C)PARTIZAN_Belgrade

アーセナルから3年契約の完全移籍。背番号は「11」。

 昨季ブンデスリーガのハノーファー96でプレーし、アーセナルFCが保有権を持っていたFW浅野拓磨が8月3日、セルビア1部リーグのパルチザン・ベオグラードと正式契約を結んだ。パルチザンが正式に発表した。3年契約。これまでイギリスの労働許可の関係で、ドイツで3シーズンにわたりプレーしてきた。日本代表18試合3ゴール。背番号は「11」に決まった。

 浅野は契約書にサインをしたあと、さっそく地元メディアの取材に応じた。その一問一答のやりとりが、クラブの公式ホームページにも掲載されている。その主な内容は以下の通り。

――現在の心境。

「パルチザンとセルビアに来る機会をいただき、心から嬉しく思います。私にとって、とても光栄なことです。すべての方がとても親切で、たくさんの期待を寄せられていることが伝わってきます。それは名誉であり、幸せなことです。その皆さんを喜ばせるために、全力を尽くします。まだ街を見て回ることはできていませんが、雰囲気はとても気に入っていますし、クラブのためにベストのプレーを発揮していきます」

――パルチザン・ベオグラードについて。

「正直なところ、セルビアやパルチザンのサッカーについてあまり知りませんでしたが、積極的に情報を集めるなかでとても驚いたことを認めなければいけません。選手はファイティングスピリットを持って戦い、ファンはとても情熱的な文化があります。ここでプレーすることは絶対に良い考えだと思いました」

――選手として。

「選手として、チームの一員として、できるだけ成長と発展をしていくことが重要だと思っています。そのすべてのチャンスが、ここにはあると感じました。そしてパルチザンの会長や皆さんと話をするなかで、そういったことが起こり得るという確信を得ています」

――目標。

「私の意図するのは、一つでも多くのゴールを決めて、パルチザンの勝利を一つでも多く増やすことです。相手のゴールネットを揺らすことが何より好きですし、それが私の最大の強みでもあります。もちろんコーチと話し合い、何を期待されているかを知り、あらゆる望みを叶えるためにベストを尽くします」

――・――・――・――・

 すでにセルビアリーグは開幕していて、パルチザンは初戦のFKインジヤ戦、1-0で勝利を収めている。さらにファイナンシャルプレーによる違反が解除されたヨーロッパカップ2次予選では、コノーズ・キー(ウェールズ)に2試合通算4-0(第1戦1-0、第2戦3-0)で3次予選進出を決めている。

 パルチザンはこのあと現地時間8月4日、セルビアリーグ2節・FKマチュヴァ・シャバツ戦、さらに7日にヨーロッパリーグ3次予選・マラティヤスポル(トルコ)との第1戦など、連戦が続く。なお2018-19シーズンは、セルビアリーグ29勝9分8敗で3位だった。

 浅野はサンフレッチェ広島から2016年にアーセナルFCと契約を結び、労働許可が下りないため、Vfbシュツットガルトとハノーファーでプレー。昨季、ブンデス1部リーグで13試合0得点、DFBカップ2試合1得点だった。ブンデス1部通算28試合1得点、2部通算26試合4得点4アシスト。

 24歳のアタッカーがまさに心機一転、セルビアで新たな挑戦に向かう。ぜひ、一度でも多くのジャガーポーズを披露して、熱いサポーターの心を思い切り掴んでもらいたい。

関連記事:【日本代表】今季いまだ得点「0」。浅野拓磨をそれでも森保一監督が必要とする理由

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Arsenal FC Takuma ASANO signs 3-year contract with Partizan Belgrade.

Ads

Ads