【湘南×鳥栖】死闘!90+5分、金井貢史弾で鳥栖勝利

クエンカが2ゴール!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

オーバーヘッドのクリスランが負傷交代…。

[J1 23節] 湘南 – 鳥栖/2019年8月17日19:00/Shonan BMWスタジアム平塚

 湘南ベルマーレ対サガン鳥栖戦、鳥栖が90+5分に2日前に加入した金井貢史のゴールで3-2の劇的勝利を収めた。

 パワーハラスメント疑惑の調査に伴い、湘南の曺貴裁監督が活動自粛し、この日から高橋健二コーチが代わって指揮。試合は立ち上がりから両者ともに、ボールを持つとゴール前まで持ち運んでチャンスを作る撃ち合いの構図に。

 25分、原輝騎のクロスに左ウイングで先発した鳥栖のイサック・クエンカが合わせて先制点を決める。さらに41分、再び原輝騎―クエンカのラインで、リードを2点に広げる。

 しかしその直後だった。

 相手がやや引いたところを見逃さず、攻勢を強めた湘南が反撃に転じる。43分、怒涛のラッシュから松田天馬が押し込み1点差に。さらに後半に入ってもホームチームは勢いをつけ、57分、セットプレーからのクリアボールを、最後は古林将太がねじ込み同点とする。

 その後、切り札で投入されたクリスランがオーバーヘッドシュートを放って、着地する際に腕の関節が逆に曲がる形になり、68分で交代を余儀なくされる……。一方、鳥栖も豊田陽平を投入するなど反撃する。

 迎えた90+5分、ラストチャンスに懸けた鳥栖が仕掛ける。豊田のヘディングシュートが枠の外に飛ぶと……そこに金井が飛び込みスライディングでねじ込み、これが決勝点に! 

 2点先取して一旦追い付かれた鳥栖が、土壇場で振り切り3-2の勝利を収めた。

関連記事:【湘南×鳥栖】ゴール裏に掲げられた横断幕「ベルマーレは俺達の人生」

松田がゴールを奪取。湘南は一旦2点差を追いついてみせたが…。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

[サカノワ編集グループ]

Ads

Ads