【鳥栖】2発クエンカ、トーレス引退試合に”警鐘”

鳥栖のクエンカが湘南戦で2ゴール!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

原輝騎とのラインから2ゴール!

[J1 23節] 湘南 2-3 鳥栖/2019年8月17日/Shonan BMWスタジアム平塚

 サガン鳥栖のMFイサック・クエンカが湘南ベルマーレ戦、2ゴールを決めて勝利に貢献した。いずれも舞うように、ゴール前でポジションを取って突き刺し、改めてその非凡なセンスを見せつけた。

 25分、41分といずれも右サイドバックの原輝騎のクロスに対し、左サイドからゴール前へ詰めたところで、冷静かつ確実に仕留めた。FCバルセロナのカンテラからトップチーム昇格まで果たし、プロキャリアはちょうど10年目になる。そうして培ってきた技と嗅覚を凝縮させた2発だった。

 一時は同点に追いつかれて劣勢を強いられたものの、90+5分の金井貢史のゴールで鳥栖が3-2で振り切り貴重な勝点3を掴み取った。今シーズン19試合4ゴール。加入後初の複数ゴールとあって、クエンカは喜びを噛み締めた。

「チームメイトとのコンビネーションが上手くいき、サイドからのボールに対して、自分が相手ディフェンダーよりも一歩前に出る意識を持って、そこにしっかりクロスボールを入れてくれました。本当に良かったと思います」

 チームはリーグ戦、2連敗のあと最近2勝1分。一気に勝点を積み重ねることに成功した。それでもクエンカは気を引き締める。

「今日勝つことができたけれど、ここでリラックスしてはいけない。自分たちがやるべきことは、まだ何も成し遂げていません。しっかりと勝利に値すべきこと、それを続けるだけです」

 そして次節8月24日、ホームでのヴィッセル神戸戦は、フェルナンド・トーレスの引退試合になる。チーム全体が良い雰囲気で、伝説のストライカーのラストマッチを迎える。

 しかし――クエンカは次のように言った。

「もちろん、偉大であるフェルナンド・トーレスにとってのスペシャルな試合になります。それは間違いありません。しかし、そこでこのリーグ戦、一旦リラックスさせてしまってはいけません。しっかり勝ちにいかなければいけない試合です。まず、そこを意識しています」

 特別な試合だ。とはいえ、あくまでも勝利を目指すことが、大前提にある。スペインから来た28歳の技巧派アタッカーは”トーレス後”の鳥栖で、一段と貴重であり、欠かせぬ存在になっていく。

アウェーの平塚まで駆け付けたサポーターと鳥栖の選手たちが記念撮影。クエンカ(中央)も歓喜の彷徨。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

関連記事:【引退会見】F・トーレスが鳥栖アドバイザー就任へ「組織改革」「若手育成」に着手すると明言

[取材・文:塚越始]
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads