バルサB『10番』安部裕葵が初ゴール!左からの鋭いカットインで

バルセロナBで初の先発出場を果たした安部裕葵。(C)FC_BARCELONA

リャゴステラとの練習試合、開始早々に先制点を決める。

[練習試合] バルセロナB –  リャゴステラ/2019年8月18日/シウタ・エスポルティバ

 3部リーグに相当するセグンダBのFCバルセロナBが、バルサの練習場であるシウタ・エスポルティバで同リーグのUEリャゴステラとのトレーニングマッチを行い、背番号10をつけたMF安部裕葵がスペインでの実戦初ゴールを決めた。試合は1-1で引き分けている。

 セグンダBのリーグ戦開幕を1週間前に控えての最後の調整試合。対戦相手のリャゴステラは昨季実質4部リーグにて首位の成績で、セグンダB”復帰”を果たしたチームだ。

 開始2分5秒(記録上は3分)、最終ラインのエリックからの縦パスを左サイドで受けた安部が左サイドからカットイン。相手選手に囲まれたものの、一人を左手でうまくブロックしながら右足でシュートを放つと、鮮やかにゴールネットを揺らした。

 その後はなかなかバルサBも追加点を奪えず、逆に31分、相手に同点ゴールを決められてしまう。

 後半もピッチに立った安部は、プレシーズン最長となる63分までプレーして交代している。試合はバルサBが優勢に試合を進めたものの、そのまま1-1で引き分けた。

 安部は8月14日に親善大会「トルネイジ・ダ・レスタニ」の決勝・UEフィゲラス戦で、スペインに渡って初めてのスタメンデビューを果たして4-0の勝利に貢献していた(ハーフタイムで交代)。

 セグンダBリーグ開幕戦、バルセロナBは8月25日(日本時間26日1時開始)にCFバダロナと対戦する。

 安部は1999年1月28日生まれ、東京都出身の20歳。171センチ、65キロ。広島の瀬戸内高校から2017年に鹿島アントラーズに加入し、プロ2年目の昨季はアジアチャンピオンズリーグ(ALC)制覇に貢献。今季は鹿島の背番号「10」をつけて、リーグ14試合1ゴールを記録し、コパ・アメリカの日本代表でデビューを果たした(国際Aマッチ3試合0得点)。昨年はU-19日本代表でも10番をつけて、インドネシアU-19アジア選手権で今夏開催されたポーランド・U-20ワールドカップの出場権の獲得を果たした。

 バルセロナとは4年契約を締結。2019-2020シーズンはバルサBでプレーし、トップチーム昇格を目指し、サイドバックに挑戦する可能性もある。

関連記事:レアル移籍の久保建英。唯一の懸念は「3部リーグ」のレベル、FC東京と比べて…

Topics:Hiroki ABE of FC Barcelona B scored the first goal.

Ads

Ads