マラガ岡崎慎司はいまだ選手登録できず。ラス・パルマス戦はメンバー外

マラガ入りが決定した際の岡崎慎司。※マラガCFTVより

20日に主力選手を放出、次節は間に合うか?

 イングランドプレミアリーグのレスター・シティからスペイン2部のマラガCFに加入した日本代表FW岡崎慎司だが、いまだ選手登録されず、8月24日のリーグ2節ラス・パルマス戦はメンバー外となった。ホーム開幕となったマラガは先制点を許しながらも80分に追いつき、1-1で引き分けている。

 マラガの地元メディア『ラ・オピニオン・デ・マラガ』は、この試合を前に招集メンバー18人のリストを掲載。そのうえで、「マラガはいまだに岡崎慎司の選手登録をできずにいます」とレポートしていた。

 UEFA(欧州サッカー連盟)の定めるファイナンシャルフェアプレーの違反により、マラガはラ・リーガ(スペイン1部リーグ)で岡崎ら新たな選手登録ができない状況にあった。ただ、マラガが保有権を持ち、昨季はレアル・バリャドリードに期限付き移籍していた21歳のMFハビ・オンティベロスのビジャ・レアルへの完全移籍が8月20日に決定。これにより岡崎の選手登録も可能になるはずだと見られる。

 次節は9月1日のアウェーでのジローナFC戦だ。

 2018-2019シーズン限りでレスターを退団してフリートランスファーとなっていた岡崎は、欧州でのプレー続行を希望していた。そうしたなか、スペイン2部マラガ加入を決断。「スペインでプレーしたかった。カテゴリーは関係ないです」と意欲を示していた。

 岡崎は1986年4月16日生まれ、33歳。兵庫県宝塚市出身。兵庫県の滝川二高から2005年に清水エスパルスに加入し、長谷川健太監督(現・FC東京監督)のもとプロでの実績を積み重ねていった。そして2011年からVfBシュトゥットガルト、1.MSVマインツとドイツのブンデスリーガで実績を積み、2015年6月、レスターに移籍した。

 レスターでは2015-16シーズンから昨季まで4シーズンにわたってプレーし、プレミア通算114試合14得点7アシスト。在籍1年目に中心選手として、プレミアリーグ制覇を果たした。昨季リーグ戦は21試合0得点。日本代表119試合50ゴール。

 マラガは昨季スペイン2部で21勝11分10敗(51得点・31失点)の3位だった。

関連記事:【日本代表】岡崎慎司のFW魂を伝授された北川航也「追いかけていくだけ」

[文:サカノワ編集グループ]

Title:Shinji Okazaki of Malaga CF still can not play…

Ads

Ads