トロイデンGKシュミットが初無失点、鈴木優磨はメンバー外

シント=トロイデンでのデビューを果たしたGKシュミット・ダニエル。(C)STVV

ズルテ・ワレヘムにスコアレスドロー。次節は豊川雄太と対戦!

[ベルギーリーグ 5節] シント=トロイデン 0-0 ズルテ・ワレヘム /2019年8月24日/スターイエン

 ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)の5節、シント=トロイデンはホームでズルテ・ワレヘムとスコアレスで引き分けた。ベガルタ仙台から今夏加入したシュミット・ダニエルが初めて無失点に抑えた。練習不参加が続ていると現地メディアで報じられた鈴木優磨、このほどドイツ・ブンデスリーガ2部ハンブルガーSVから完全移籍での加入が決定した伊藤達哉はベンチ外だった。

 試合はホームチームがボールを支配して数多くのチャンスを作ったものの、ゴールネットを揺らすことはできず。一方、シュミットは最後尾からしっかりチームを支え、ピンチでは身を挺して食い止め、チームを今季初のクリーンシートに導いた。

 シュミットは試合後、次のようにコメントしている。

「(試合を振り返り)得点のチャンスを多く作ることができましたが、守備陣としては今シーズン初めての無失点。ピンチは決して多くありませんでしたが、しっかり集中を切らさず最後までみんなで(失点)ゼロに抑えれたのは良かったです。

(次節のKASオイペン戦に向けて)アウェーで今シーズンいい試合ができていないので、改善して、入りから今日のような試合ができるようにしっかり準備していきたいと思います」

 これでシント=トロイデンは今季、1勝1分3敗(2得点・10失点)で12位。一方、ズルテ・ワレヘムは2勝1分2敗(5得点・7失点)で10位。

 次節のオイペン戦は8月31日(9月1日1:00)からアウェーのケーアヴェーク・シュタディオンで行われる。オイペンには豊川雄太が所属している。

関連記事:「遠藤航は泣いて『レッズに…』と言えなかった」湘南の眞壁会長が記者会見で涙ぐんだ理由

Topics:Sint-Truidense 0-0 Zulte Waregem

Ads

Ads