マジョルカ久保がメンバー入り、デビューなるか!バレンシアとのアウェー戦

マジョルカの久保建英。(C)RCD_Mallorca ※ツイッターより

スペイン紙が報じる。モレノ監督が記者会見で「可能性はあります」。

 スペイン紙『マルカ』は8月30日、「クボがメスタージャ(バレンシアのホームスタジアム)でデビューへ」と題した記事をWEB版に掲載した。レアル・マドリードから期限付き移籍されたRCDマジョルカの日本代表MF久保建英が9月1日(日本時間2日0:00)のアウェーでのバレンシアCF戦にメンバー入りすることが濃厚になったと伝えた。

 同日にマジョルカのビセンテ・モレノ監督が公式記者会見で「彼ら(久保とヤニス・サリビュル)は今週とても良くトレーニングをしています。メンバー入りする可能性があります」と語ったという。

 また、マジョルカの地元紙『ディアリオ・デ・マジョルカ』では、より詳しくモレノ監督のコメントが掲載されている。

 指揮官は久保とサリビュルについて、「先週は合流から試合まで1日だけしかトレーニングに参加していませんでしたが、今回、1週間、十分にトレーニングを積むことができたので、より可能性はあります。まずは土曜日(試合前日)のトレーニングでどうなるか見てみましょう」と、メンバー入りを示唆した。

 バレンシアは昨季スペイン1部リーグで4位に入り、今シーズンのUEFA欧州チャンピオンズリーグ(CL)の出場権も掴んだ強豪だ。今季これまでは1分1敗と躓いており、ホームで初勝利を掴もうと躍起になっている。

 一方、マジョルカは開幕からのホーム連戦で1勝1敗。今季初のアウェーゲームになる。

 モレノ監督は「最初のアウェーゲームがメスタージャになることはエキサイティングなことだ。そこで勝利を掴むことは、大きな挑戦になる」と、昇格組のマジョルカが熱狂に包まれたアウェーの地で勝点を掴むことは非常に難しいミッションであると気を引き締める。

 久保にとっては、レアル・マドリード・カスティージャとして臨んだ8月18日のブルゴスCF(フル出場、●2-3)戦以来の実戦になる。もちろんピッチに立てば、スペインでの公式戦デビュー。日本代表活動への合流前、新天地でインパクトのあるパフォーマンスを見せることができるか――。

関連記事:レアル移籍の久保建英。唯一の懸念は「3部リーグ」のレベル、FC東京と比べて…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads