マジョルカ久保が19分に緊急投入!ヘタフェ戦、負傷したサルバ・セビージャと交代

8月22日に加入が決まったヤニス・サリビュルと記念撮影をする久保建英(右)。(C)RCD_Mallorca

2点先取される苦しい展開に…。

[スペイン1部 5節]  ヘタフェ – マジョルカ /2019年9月22日(日本時間19:00)/コリセウム・アルフォンソ・ペレス

 スペイン1部リーグ(ラ・リーガ)のRCDマジョルカが9月22日、アウェーでヘタフェCFと対戦。マジョルカの日本代表MF久保建英はベンチスタートとなったが、サルバ・セビージャの負傷により19分に交代出場している。しかし、試合はヘタフェが2点を先取する苦しい展開を強いられている。

 直前のアスレティック・ビルバオ戦(△0-0)から、マジョルカのスターティングメンバーは最終ラインのみ入れ替わり、開幕戦で途中出場から4分間ピッチに立っていたシスコ・カンポスが今季初めて先発に名を連ねた。一方、ボランチと前線(4-2-3-1の「2-3-1」)の顔ぶれは変わらなかった。

 しかし、開始7分にコーナーキックからホームチームに先制点を許す。さらに厳しいプレッシングに苦しむマジョルカは、17分にサルバ・セビージャが負傷。ベンチですぐさま呼ばれた久保が、19分に投入された。さらにババも傷め、ルーマー・アグベニューが交代でピッチに立った。

 だが33分、再びコーナーキックから相手の背中を引っ張ったとして、ヘタフェにPKが与えられる。これをしっかりと決められ2点差に……。

 久保は右MFに入り、献身的に守備をこなしながら、チャンスをうかがっている。

 昨季5位に躍進してヨーロッパリーグ( EL )の出場権を獲得したヘタフェは、直近のミッドウィークに組まれたELグループステージのトラブゾンスポル(トルコ)戦で1-0の勝利。しかしスペインリーグでは、これまで3分1敗と未勝利で、現在20チーム中18位と降格圏に沈んでいる。ホームでの試合とあって、公式戦連勝へと息巻いている。

 一方、マジョルカはこれまでのリーグ戦、1勝1分2敗(2得点・4失点)で14位。SDエイバルとの開幕戦で2-1の勝利を収めたものの、その後は3試合連続でノーゴールとなっている。

 スーパーサブとして3試合目の出場を果たした久保には、待望のスペイン初ゴールが期待される。マジョルカ、反撃なるか――。

関連記事:【記者会見全文】マジョルカ久保がホームデビュー「PKのキッカーは決まっているの?」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads