【ミャンマー戦採点】冨安と南野に最高点「5」。中島、橋本の評価が分かれるか

[MAN OF THE MATCH=マン・オブ・ザ・マッチ]冨安健洋(日本代表)

シュート30本で2ゴールに終わる。

[カタールW杯アジア2次予選 1節] ミャンマー 0-2 日本/2019年9月10日/トゥウンナ・スタジアム/ヤンゴン

【選手採点│寸評】
※5段階評価。5が最高で、1が最低。1点刻み。
採点対象は原則、出場20分以上。

※採点の見方
ポジション 
背番号 選手名 採点

▽先発
GK

12 権田修一 3
被シュートわずか2本、悪コンディションのなか無失点でカタールへの”一歩目”を支えた。

DF

19 酒井宏樹 3
最後までバランスを保ち、及第点の出来。終盤の鈴木へのクロスなど決定機を得点につなげられず。相手を混乱させるようなオーバーラップやクサビのパスがもう少しほしかった。
 
22 吉田麻也 3

雨が降り続ける悪天候や芝の状況も考慮し、やや深めの位置でセーフティに対応。1対1ではすべて相手を上回っていた。
 
16 冨安健洋 5 【MAN OF THE MATCH】
どんな相手にも変わらず立ち向かい、今回はことごとく圧倒した。あらゆる局面に顔を出して、他の守備陣を助けた。

5 長友佑都 3
中島をサポートしながら、慎重に試合を進めた。攻撃の効率を高めるのであれば、時により強引な仕掛けも見せたいところ。

 
MF
7 柴崎 岳 3
ボール奪取から攻撃のスイッチを入れるなど、この試合では明らかに”異質”な存在感を発揮していた。堂安とともに「4」にしても良かったが、後半のトーンダウンを考慮して「3」に。
 
13 橋本拳人 3
中盤の壁となって、よくボールを奪い切れていた。ただ、このレベルであれば妥当な内容。シュートに向かう積極性も見せたが、攻撃面でもう一工夫ほしい。

21 堂安 律 3(▼65分)
南野の2点目のアシストなど機転も利いた。パラグアイ戦での悪かった点を修正(コンディションを高め)した。「4」に近い出来だったが、やはり彼自身にも1点がほしかった。 

10
 中島翔哉 4(▼81分)

しっかり狙って奪った先制点は見事。ただし、それ以外のプレーでは、球離れがやや悪く、前線が行き詰ってしまうシーンが目立った。そのあたりの周りに合わせようとする意識が、やや欠けている印象。

9 南野拓実 5(▼76分)
悪コンディションにもかかわらず力のあるプレッシングで、時に相手DF二人に対応する場面も。そのなかで相手を意気消沈させるゴールを決めた。後半の出来はまずまずと言える感じだったが、前線の中では突き抜けていたことを評価して今回は最高点に。
 
FW
15 大迫勇也 3
最前線でポイントとなり、ボールを引き出した。試合終盤は鈴木武蔵と2トップも形成。相手が常に引いたなか、シュート30本をよく引き出したとも言えたが、そんな壁を打ち破るゴールがほしかった。

▽交代出場
MF
14 伊藤純也 2(△65分 )
アグレッシブさは光ったもののゴールならず。攻撃が一本調子になってしまうところは改善したい。

FW
18 鈴木武蔵 ー(△76分 )
大迫と2トップを形成。酒井のクロスにはあと一歩届かず。もう少し体を張りたい。


MF
17 久保建英 ー(△81分 )
18歳98日と日本代表でのW杯最年少出場記録を更新。短く限られた時間のなかで技術の高さを披露。しかし国際Aマッチ6試合目、期待されたゴールはまたもお預けに。
 

関連記事:南米で波紋広がる中島翔哉への残忍タックル。「熱い鉄」とペルー紙

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads