本田圭佑が語るアスリートとしての生き様「夢を語ると友達に笑われた。それがエネルギーになった」

本田圭佑。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

やがて夢が目標となり、そこで”本気”の仲間たちと出会えるか。

 ボタフォゴFRに所属している元日本代表MF本田圭佑が5月11日、英語で次のように自身のSNSのツイッター(アカウントは@kskgroup2017)でつぶやき、自分自身に対する嘲笑やバッシングを、むしろ糧にしてきたことを伝えている。

 本田は次のようにツイートした。

 As I wasn’t a talent, I was laughed by my friends when I told them my dream. But it gave me a lot of energy.

私には才能がないため、私が夢を語ると、友達に笑われていました。しかし、それは私にたくさんのエネルギーを与えてくました。

 夢を語り続け、笑われてもまったく動じなかった。そして、本田にとって、それがいつしか目標になった。

 その時に「目標」を叶えるための”本気”の仲間がいるか、どうか。そういった環境も、やはり重要になってくると言える。

 本田が明かしたアスリートとしての反骨の生き様。多くの人にとってのヒントになりそうだ――。

関連記事:「そこは誤解している」本田圭佑、W杯と東京五輪への想いを語る

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads