サラゴサ熱狂!香川がホーム初得点「スアレスに感謝したい」

サラゴサの香川真司。※レアル・サラゴサの公式ツイッターより

80分に決勝ゴールを突き刺して、3-1の勝利。4勝1分の無敗をキープ!

[スペイン2部 5節] レアル・サラゴサ 3-1 エストレマドゥーラUD/2019年9月15日/ラ・ロマレーダ

 スペイン2部リーグのレアル・サラゴサの香川真司がエストレ・マドゥーラUD戦、4-2-3-1のトップ下で先発出場し、1-1で迎えた80分に決勝ゴールを決めた。サラゴサはそのあとさらに1点を追加し、3-1の快勝を収めた。

 リーグ戦5試合連続でのスタメン出場となった香川が拮抗した展開のなか、勝負どころで”魅せた”。

 80分、縦パスから左サイドを抜け出したルイス・スアレスのクロスに対し、ファーサイドを駆け上がり、しっかりと右足で合わせてゴール! 2節のアウェーでのSDポンフェラディーナ戦以来となるリーグ通算2点目は、値千金の決勝弾となった。

 香川は試合後のフラッシュインタビューで次のように語った。

「今日はたくさんチャンスがあったので、絶対に勝たなければいけなかった試合でした。失点もしてしまいました。(ゴールについて)良いボールをくれたスアレスに感謝したいですし、それが勝ちにつながって良かったと思います。自分にもチャンスがあり、必ず決めたかった。その気持ちで戦っていました」

 そのようにチームメイトへの感謝を忘れなかった。

 まさにチームに勢いを与える一撃。ゴールを決めた瞬間、ホームスタジアムは歓喜に包まれ、香川も拳を固めて咆哮した。

 この勝利で、サラゴサは4勝1分の無敗をキープ。カディスCFと勝点2差の2位につける。

 1部リーグ復帰は、現実的な目標に――。この夏ボルシア・ドルトムントから加入した30歳の香川がサラゴサに、大きな希望をもたらしている。

関連記事:香川真司のサラゴサ加入記者会見全文「お金が重要ではない、と言うつもりはないが」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics: Real Zaragoza 3-1 Extremadura UD ; Shinji Kagawa got a goal! 

Ads

Ads