ポルトガル騒然…中島翔哉に激怒したコンセイソン監督「ベンチが時に試合を難しくする」

中島に激昂するコンセイソン監督。オタビオが中島を守る。 ※「MAIS FUTEBOL」より

腕を掴んでの怒り爆発。指揮官、改めて試合を語る。

[ポルトガル1部 5節] ポルティモネンセ 2-3 ポルト /2019年9月15日/エスタディオ・ムニシパル・デ・ポルティモン

 FCポルトの日本代表MF中島翔哉がポルティモネンセSCとの試合後、ポルトのセルジオ・コンセイソン監督から腕を掴まれて激昂される場面が話題になっている。

 ポルトガルのサッカーメディア『MAIS FUTEBOL』は、試合後のコンセイソン監督のコメントを改めて掲載した。

「FCポルトは試合に勝つため、たくさんの魂と熱意を持って攻撃的に、およそ75分まで非常に強力に、ゲームを完全にコントロールしていました」

 中島が投入されたのは72分。そして相手も交代カードを切って反撃に出て、ポルティモネンセに74分、そして77分に安西幸輝の移籍後初得点と決まり、一時2-2と同点になる。

「前半に2ゴールを決めることができて、もう1点狙っていきました。

 後半は上手くいきませんでしたが、勝つことでゲームを終えられました。ベンチにいるコーチ(監督)の変更や修正を加えることで、ゲームをより簡単にし、時に状況を複雑にします。そして私は今日複雑にしました」

 そのように中島への激昂とリンクする発言をしている。

 一方でコンセイソン監督は、「しかし勝利は非常に妥当だったと言えます」とも強調していた。

 これとは別にテレビのフラッシュインタビューでは、指揮官は中島に話しかけたことについて、「私たちだけの会話です」とだけ語っていた。

 試合後にピッチで勝利をたたえあう選手たちのなか、コンセイソン監督が中島に話しかける。すると指揮官はポルトの背番号10を追いかけるようにして、その腕を掴み、激しく話しかけた。それを見かねたチームメイトのオタビオとコロナが間に入って仲裁し、指揮官をなだめた。

 安西が決めた2点目のシーンでの守備の対応に問題があったのは確か。ただ、あの激高はそういったプレーに対するものか。何かしらコミュニケーションの行き違いか(指揮官が話しかけても反応がなかった[気付かなかった]など)?

 退場者を出しながらも90+8分のゴールで勝利を収めたポルトは、4勝1敗で3位に。中島としてはこのあと、「結果」で応えるしかない。

関連記事:何があった…ポルト監督が中島翔哉の腕を掴みぶち切れる「私たちだけの会話」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads