【鹿島】広州に先制許すもセルジ弾で同点「逆転勝利」のみがベスト4の条件

鹿島が広州恒大に先制を許す。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

アウェーゴールを与えてしまうものの、後半に入り猛攻!

[ACL 準々決勝 2-nd]  鹿島 – 広州恒大 /2019年9月18日/カシマサッカースタジアム

 アジアチャンピオンズリーグ( ACL )準々決勝第2戦(セカンド・レグ)、鹿島アントラーズが広州恒大に先制を許す厳しい展開となった。しかし50分にセルジーニョのゴールで同点に追いついた。アウェーゴールルールにより、鹿島は90分間での「勝利」のみがベスト4に進む条件に。

 立ち上がりから両チームともに、ボールを持つとゴール前まで運ぶ比較的オープンな展開に。鹿島は”ACL男”セルジーニョが決定的なバイスクルキックを放ったが、惜しくもボールは枠を捉えず。

 一方、現在中国リーグ首位に立つ広州恒大は、タリスカ、パウリーニョ、中国に帰化したエウケソンらを中心に攻め込む。迎えた40分、CKからタリスカがヘッドを突き刺し、アウェーチームが先制に成功する。

 これで鹿島は「逆転勝利」が、勝ち上がる唯一の条件に。すると後半は立ち上がりから積極果敢に仕掛け、50分、ドリブルで持ち上がったレオ・シルバがシュートを放つと、セルジーニョの体に当たってシュートコースが変わり、ゴールネットを揺らす。記録上はセルジーニョのゴールで、鹿島が同点に追い付く。

 これで勢いを付けたホームチームがさらに畳み掛け、両サイドのクロスから数多くのチャンスを作っている。

 鹿島のメンバーは次の通り。

▼鹿島アントラーズ
KASHIMA ANTLERS

▼先発
GK
1 クォン・スンテ
DF
37 小泉 慶
39 犬飼智也
5 チョン・スンヒョン
28 町田浩樹
MF
30 名古新太郎
(69分→47 相馬勇紀)
4 レオ・シルバ
18  セルジーニョ
6 永木亮太
FW
8 土居聖真
15 伊藤 翔 

▽控え
GK
21 曽ケ端準
DF
2 内田篤人
26 小池裕太
33 関川郁万
FW
19 山口一真
36 上田綺世

▽監督
大岩 剛

関連記事:劣勢の跳ね返し方。内田篤人が強調した引いたらダメ「例えば満男さんは上手くいかないと分かっていても」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Asia AFC Champions League 2019 ; Kashima Antlers – Guangzhou Evergrande FC.

Ads

Ads