【浦和】西川、宇賀神、武藤との「お昼トーク」をREX会員の小学生向けに開催

浦和の武藤雄樹。(C)URAWA REDS

武藤「休校が続くなか、皆さんにとって楽しい時間を作れたら」。20日いっぱいまで募集、23日に開催。

 J1リーグの浦和レッズは4月23日、「REX CLUB」の会員向けの企画『小学生6年生以下限定! STAY HOME企画 「選手とお昼トーク!」』を開催する。参加者を20日23時59分まで募集し、抽選により10人を決定する。クラブは今後も中断期間中のファンとの企画を検討している。

 今回の企画は「REX CLUB」会員の小学6年生以下の子供を対象にSTAY HOMEでつながる「選手とお昼トーク!」で、ビデオ会議システムを通じて選手と話すことができるというもの。新型コロナウイルスの影響で多くの学校が休校するなか、少しでも家庭にいる時間を楽しんでもらいたいという思いで計画された。

 西川周作、宇賀神友弥、武藤雄樹の3選手が登場予定。武藤は「休校が続くなかで、レッズとしても、子供たちを少しでも明るくなれるようにと考えています。皆さんにとって、楽しい時間を作れたらと思います」と語り参加を呼び掛けている。

 今回は「REX CLUB会員」が対象で、事前応募・抽選制となる。

 詳細は次の通り。

【応募概要】
■参加対象者
REX CLUB会員
LOYALTY(シーズンチケットホルダー)/REGULAR会員(年会費有料会員)の小学6年生以下のお子様
※親御さんによるお申込みも可能です。当日も一緒にご参加いただけます。

■当選人数
10人 

■開催日
4月23日(木)12時~13時(予定)

■参加選手
西川周作・宇賀神友弥・武藤雄樹
※選手コンディションやチームスケジュールなどで内容が変更になる可能性がございます。

■実施方法
オンライン開催(ビデオ会議システム「Zoom」を使用します)
※当選者の方には、参加URLを事前にメールにてご連絡いたします。
(アカウントの新規登録の必要はございません)

■参加ポイント
REX POINT 1,000ポイント ※当選された場合にのみ上記のポイントが引かれます。

■申込期間
4月18日(土)15時~4月20日(月)23時59分

■抽選・当選者へご連絡
4月21日(火)15時(予定) 抽選結果の確認方法は、REX CLUB マイページ内のサイドメニュー「ポイント交換申込履歴」でご確認いただけます。

■申込方法
REX CLUB会員マイページ内
【ポイント交換WEB申込分申込ページ】のバナーをクリックいただくことで、お申込みページに進むことができます。

【ビデオ会議システム「Zoom」の視聴方法について】 下記、URLをご確認ください。 Zoomの概要 https://bit.ly/2yhk6Rb Zoomミーティングへの参加方法 https://bit.ly/3bi4ICF Zoomに関する問い合わせ https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

【注意事項】
※当選確定時点でポイントが減算されます。当選後のキャンセル・変更、ポイントの返還等は、本イベントが開催中止となった場合を除きできません。

※選手コンディションやチームスケジュール等で内容が変更、中止になる可能性がございます。

※当日イベントの様子(パソコンのデスクトップに表示されている画面など)の写真や動画を浦和レッズ関連メディア[例 公式サイト、公式SNS、マッチデープログラム(MDP)広告等]にて掲載する可能性もございますので、ご承諾くださいますよう、よろしくお願いいたします。

※ご当選者の方にはメールにて当選・詳細をお知らせいたします。当選のメールが受け取れますよう、抽選に参加される際はREX CLUBのマイページ上で必ずメールアドレスをご登録ください。メールが受信できない場合は落選扱いとなります。

※メール受信にあたりドメイン指定受信の設定をされている可能性があります。REX CLUBからのメールは2つのドメインから配信されますので、以下の2つのドメイン(@以下)からのメール受信ができるよう設定してください。

reds-experience.com urawa-reds.co.jp

ポイント交換方法の詳細はこちらから

http://www.urawa-reds.co.jp/about_rex/rex_point.html マイページへのログインはこちらから https://rex-club.urawa-reds.co.jp/ REX CLUBのご入会はこちらから https://rex-club.urawa-reds.co.jp/regMail

関連記事:【浦和】武藤雄樹が考えるコロナ禍でのサッカーの価値「今は必要ではないかもしれない。でも勇気と元気を与えられる時が来ると信じて」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads